綾瀬版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった 太田 淑夫さん 綾西在住 67歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

世界も自治会も柔和に

 ○…自治会が商店街で記念式典を開いた。ありそうでない話だ。活動が盛んな自治会の話では「先輩方がつくりあげてきたもの」と繰り返し、市長や代議士、県議、市議を招いた式典にも「いいお天気で良かった。みんなで頑張ってきましたから」と安堵の言葉が第一声だった。来賓の祝辞で「綾西らしい」と称えられた瞬間、頬が緩んでいた。

 ○…横浜から綾西に引っ越してきた50年前は学生だった。三重から上京した父がこの地にマイホームを購入。両親と妹の家族4人で新たな生活が始まった。横浜国大を卒業して富士通に入社。結婚2年目で妻子を伴い当時の西ドイツ、ミュンヘンに赴任し、現地で2人目の娘が産まれた。ロンドン、北京にも駐在しそのたびに家族で新天地を開拓してきたが「私は仕事ばかりでしたが」と肩をすくめた。

 ○…67歳の今も富士通で人材育成に携わり、母校の国大にあるNPO法人で事務局長も務め、週に2〜3日出勤する。くじ引きで自治会の体育担当者を決める際、高齢の住民が当たりを引いた。「見るからに体育は大変そうだ」と感じその場で役を買って出た。自治会活動は現役時代にそれがスタート。「50代も過ぎれば土日はちゃんと休めるから、全く苦にはならなかった」と、小さくゆっくりうなずいた。

 ○…後進の指導では「見えない所で社会を支えている」ことを説き、日本を含む国際社会が推進する「SDGs(エスディージーズ)」(持続可能な開発目標)を引き合いに「仕事で17個すべての目標に関われる。楽しく目標に向かおう」と語りかける。自治会では「いろんな考えがある」と前置きし「理屈より協調性」とまとめた。傾聴ボランティア「響」の会長も務める。妻と娘2人の4人家族。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

綾瀬版の人物風土記最新6

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月10日号

引地 純さん

綾瀬青年会議所の第41代理事長に就任した

引地 純さん

落合南在住 39歳

1月1日号

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク