愛川・清川版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

55周年にEV用充電器 清川村 10月3日(月)から供用開始

充電器が設置される役場庁舎前のスペース
充電器が設置される役場庁舎前のスペース

 昭和31年に、煤ヶ谷村と宮ヶ瀬村の合併により誕生した清川村。9月30日で村制55周年を迎える。村ではこれに合わせ、電気自動車(EV)を導入するとともに、EV用充電器を役場敷地内に設置する。

 県内唯一の村は面積の90%が山林で、村全体が丹沢大山国定公園と県立大山自然公園に指定されるなど、豊かな自然とともにある。

 村では、こうした自然環境の保全と、地球温暖化や大気汚染・騒音等の防止のために「人と環境に優しいクリーンエネルギーの普及・促進」という想いを込め、電気自動車等の導入を決めた。予算は、公用車の電気自動車1台の購入と急速充電器の設置で1019万円。

 急速充電器は役場庁舎前に設置され、時間内は一般にも無料開放し、観光振興にもつなげたいとしている。供用開始は10月3日(月)となる予定。

記念式典

 10月1日(土)、午前10時半から村生涯学習センターで「清川村制55周年記念式典」が開催される。

 当日は、佐藤郁太郎相模川水系広域ダム管理事務所所長、馬場学郎県議会議員、二見研一県央地域県政総合センター所長、山田登美夫愛川町長が来賓として出席する予定。

 式典では55周年の表彰等が行われる。被表彰者は次の通り(敬称略)。

【自治功労表彰】

▽山口靜雄▽井上惠弘▽千葉昇▽加藤芳信

【一般表彰】

▽水無の会▽柿ノ木平向山環境整備グループ▽野毛義一▽関東鉱産株式会社代表取締役齊藤義賢▽大坂光宏▽山口幸夫▽加藤勝久

【感謝状】

▽厚木瓦斯株式会社取締役社長萱英二▽平田隆明▽川瀬憲美
 

愛川・清川版のトップニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク