愛川・清川版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 町美化プラントで6日まで

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
鯉のぼり掲揚の中心となっている菊地原正美さん(中央)、篠原修一さん(右)、大貫伸一さん(左)
鯉のぼり掲揚の中心となっている菊地原正美さん(中央)、篠原修一さん(右)、大貫伸一さん(左)

 愛川町三増の美化プラントで4月中旬から、鯉のぼりが掲揚されている。同プラントに持ち込まれた鯉のぼりなどをリサイクルしたもので、約70匹が優雅に大空を泳ぐ。5月6日(月)まで掲揚されている。

 男子の健やかな成長を願う鯉のぼり。近年は少子化や住宅事情などで掲揚する家庭も少なくなっているというが、五月晴れの青空を舞う姿はこの時期の風物詩だ。

 町のゴミ処理施設である同プラントでは、町民から鯉のぼりの持ち込みがある。不要になったものとはいえ、家庭で大切に保管されていることが多く、状態の良いものが多かったという。これを「何か利用できないか」と、同プラントに勤務する菊地原正美さんが中心となって3年前からリサイクル鯉のぼりを上げるようになった。

 最初は10匹程だったが、年を追うごとに数が増え、今年の4月中旬は約60匹でスタート。その後も少しずつ増えており、今は大小色とりどりの70匹以上が泳ぐ。

 菊地原さんは「すぐに燃やしてしまうのは、やっぱりもったいない。供養として、もう一度飾ってあげたかった」と、きっかけを語る。同プラントの高橋薫所長は「地域の皆様に楽しんでもらえたら」と話す。この様子は地域でも話題になっており、三増の新しい風物詩になっている。例年こどもの日頃まで掲揚され、今年は5月6日まで。美化プラントの場所は愛川町三増1656の2。

愛川・清川版のトップニュース最新6

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

当初予算案を発表

愛川町清川村

当初予算案を発表 社会

子育てや地域活性化に重点

3月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク