愛川・清川版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

大矢孝酒造(株) 残草蓬莱(ざるそうほうらい)が首席に 第93回 南部杜氏自醸清酒鑑評会 純米酒の部

受賞酒とトロフィーを持つ大矢俊介さん
受賞酒とトロフィーを持つ大矢俊介さん

 愛川町田代の大矢孝酒造(株)が製造する日本酒「残草蓬莱」が、今年4月に岩手県で開かれた第93回南部杜氏自醸清酒鑑評会(主催/社団法人南部杜氏協会)の純米酒の部で、最高位にあたる首席に輝いた。

 同鑑評会は、酒造技術の研鑽と資質の向上を目的に、明治時代から開催されているもの。主催の南部杜氏協会は全国でも最大規模の杜氏の組織で、今年は全国159の蔵から吟醸酒395点、純米吟醸酒194点、純米酒111点の出品があった。審査は部門ごとに行われ、上位入賞酒は順位が付けられる。

 今回、初出品で首席(第1位)受賞という結果を受け、8代目蔵元の大矢俊介さんは「一般的には、神奈川県はお酒のイメージがないかもしれないが、これを機に知っていただき、飲んでいただければ嬉しい」と喜びを話す。

 表彰式は5月25日に岩手県花巻市で開かれた。自身は出席できなかったというが、蔵の入口の横には従業員が持ち帰った賞状とトロフィーが飾られていた。

 受賞酒の残草蓬莱は、派手すぎず、さわやかな香りと味わい、メリハリの利いた旨み、なめらかですっきりとした後味などを意識し、こだわりぬいて仕込んだもの。米の出来も良かったことから、例年にも増していい酒に仕上がったという。

 問い合わせは大矢孝酒造(株)【電話】046・281・0028まで。
 

愛川・清川版のトップニュース最新6件

郷里愛川で冒険語る

荻田泰永さん

郷里愛川で冒険語る

4月20日号

都心と村つなぐ拠点新生

道の駅「清川」

都心と村つなぐ拠点新生

4月20日号

愛川の軌跡が一冊に

小野澤町長が出馬表明

モンベルと包括協定

県央4市町村

モンベルと包括協定

3月23日号

村民待望のオープン

クリエイト清川店

村民待望のオープン

3月23日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

愛川の魅力満開

愛川の魅力満開

29日に「つつじまつり」

4月29日~4月29日

愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク