愛川・清川版 掲載号:2012年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

スペインの写真展に出品 愛川高・宮本知保教諭

出品されている作品(宮本さん提供)
出品されている作品(宮本さん提供)

 スペインのマドリッドで開かれている国際的な写真芸術展「フォト・エスパーニャ」に県立愛川高校美術科の宮本知保教諭の作品が出品されている。カラープリントをコラージュした作品で大学院生時代に制作したもの。

 フォト・エスパーニャは、同時に80もの展覧会が開かれている。宮本さんの作品はその中で「Asia Serendipity」という日本人の写真のグループ展に展示されている。

 今回の出品は、六本木にある森美術館館長の南條史生さんの推薦によるもの。南條さんは宮本さんが大学院生時代に応募したキャノン主催の写真コンクール「写真新世紀」で優秀賞を受賞した際の選考を務めていたことから声がかかった。

宮本さんは「20年近く時を経て、再び作品を展示していただけるということで、話しを聞いた時はとても嬉しかったです」と振り返る。

 作品は宮本さんが、東京芸大大学院油画技法材料研究室で学んでいた頃のもの。当時、プランクトンやミジンコ、ゾウリムシなど微小生物をモチーフに絵を描いていたという。その題材探しとして始めたのが顕微鏡での写真撮影。その中で新たなひらめきが生まれ、写真を使った作品づくりが始まった。

 作品(=写真上)は、イカの吸盤の骨を撮影し、貼り合わせたもの。題名に「輪」や「イカリング」という言葉があるように色々なものを連想させる。1・5m角で額縁なども全て手づくりだ。宮本さんは「ミクロの世界は芸術的なイメージの宝庫。自然なカタチの不思議さには、自分も含めた宇宙のつながりを感じさせられるようなところがあり、魅了されてしまうんです」と話していた。
 

宮本知保教諭
宮本知保教諭

愛川・清川版のトップニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

(公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団

都心から一番近いオアシス宮ヶ瀬

https://www.miyagase.or.jp/

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク