愛川・清川版 掲載号:2013年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

本厚木駅南口再開発 駅前広場拡張、25階建てビルも

現在の南口駅前広場
現在の南口駅前広場

 厚木市の本厚木駅南口地区市街地再開発事業に関して、具体的な事業区域が明らかになった。

 駅前広場は道路を挟んだ全日空ハピネスビルの一部まで拡張され、残りの区域は25階建て相当のビルとして再開発される。再開発事業の区域となるのは、駅前広場と旭町1丁目25番地からなる約8000平方メートル。現在約3460平方メートルの駅前広場は、拡張後にはおよそ4530平方メートルになる。

 本厚木駅南口地区に関しては、2005年に地権者らによる再開発事業の準備組合が設立。2009年に県が出した「厚木都市計画都市再開発の方針」において、再開発事業と併せた駅前広場の拡充整備が盛り込まれていた。

 市本厚木駅南口再開発事務所の沼田芳基所長は「現状の駅前広場は、バス・タクシー・一般車両が錯綜しており、歩行者の利便性向上を含めすっきりした配置になれば」と話す。拡張後の広場に関しては、現在あいまいになっている一般車両やタクシーの待機スペースの確保などが案として挙がっている。また、ペデストリアンデッキの設置を求める声も市民の中にはあるが、これに関しては本厚木駅の改札が地上階にあることや、柱を設置することで交通の妨げになる点が考慮され、実現の見通しは低い。一方で、歩行者の利便性向上を目的に、歩道を広げた上で通路に屋根を付けるといった意見が出ている。

 りそな銀行厚木支店周辺の2370平方メートルの土地は、高さ約90m、25階建て相当の再開発ビルとなる予定。厚木アクストメインタワー(地上26階建て)に匹敵する高さで、実現すれば、中心市街地としては最大の高さのビルとなる。低層階は商業・業務系のテナントを入れ、高層階はおよそ150戸の住宅スペースとなる予定。今のところ市の施設が入るなどの構想はないが「地域の新たなランドマーク」としてビルの名称も付ける意向だという。

 今後は地権者や警察などとの協議を進め、2014年度には都市計画決定の手続きを終える。厚木市では2016年の事業着手をめざしており、実際に本厚木駅南口の風景が変わるまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク