愛川・清川版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

北里大学「新病院」が開院 救命救急・災害医療などに重点

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
開院した新病院
開院した新病院

 北里大学病院(相模原市)の新病院が5月7日、開院した。昨年北里大学が50周年を迎えたこと、また学校法人北里研究所(本部・東京都港区)が来年創立100周年を迎えることを受けて、2005年からスタートした、この新病院プロジェクト。建物は昨年12月に竣工し、準備期間を経て今回の開院となった。

 新病院は病床数1033床、延床面積9万2776平方メートル。地下1階、地上14階建ての免震構造で、屋上にはヘリポートが設置された。

 災害時に派遣する医療チーム「DMAT」の組織、内視鏡手術の施術が可能な手術支援ロボット「ダヴィンチ」の導入や、手術室とCT室、血管撮影室が一体化した「ハイブリッド手術室」などを整備。「救命救急・災害医療センター」など同院が重点医療分野として掲げる4項目の強化を図る。

 また、これまで各診療科で行っていた外来診察の予約や変更、取消を「電話予約センター」で共通化。複数の診療科の変更も電話1本でできるようになった。

 新病院開院に伴い、大学病院新棟の改修、北里大学東病院(南区麻溝台)の一部移転が順次行われ、既存棟(病棟・外来棟等)は取り壊される。15年秋を目途に、同法人の一連の新病院プロジェクトは完了する予定という。

 7日には病院関係者ら約300人が集まり、オープンセレモニーを執り行った。北里大学病院長の海野信也氏が挨拶に立ち、抱負を述べたほか、テープカットを実施した。この日病院に訪れた女性は、「とても広く迷ってしまうほど。明るく入りやすい雰囲気でした」と話していた。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク