愛川・清川版 掲載号:2015年8月7日号 エリアトップへ

28品が愛川ブランドに 官民連携で町内外へPR

社会

掲載号:2015年8月7日号

  • LINE
  • hatena

 愛川町の特産品の中から、特に優れたものを町が認定する「愛川ブランド」が決定した。愛川ブランド認定審査委員会の答申によって認定を受けたのは28品。今後は町と事業者が連携し、町内外へ魅力を発信することで、愛川町の知名度向上や地域産業の活性化を図る。

 愛川ブランドは、原則として町内で生産または製造された農林水産物、加工品、工芸品等から選ばれている。審査基準として「愛川にちなんだ歴史、伝統などがあるか、町内産素材を活用しているか」「他商品に対して優位性を主張できるか」「将来ビジョンが明確で町の知名度向上につながるか」などが考慮された。

 町では今年1月5日から4月30日まで申請の募集を行い、31品の応募があった。

これらを、観光アドバイザーで松蔭大学准教授の鷲尾裕子氏を委員長に、フードコーディネーターや商工・観光・農業関係者、公募委員など9人が審査委員会として審査を行った。

 6月の第1回委員会では、実際に申請品の試食などが行われた。また、それぞれの事業者の申請品への意気込みや、町と協力してPRする姿勢などをも踏まえて審査。ここで各申請品に点数が付けられ、一定の基準を満たしたものや、審査基準に適合しているものが絞り込まれ、7月の第2回委員会で小野澤豊町長へ提出する答申が固まった。

多種の認定で掘りおこし

 今回の答申で選ばれた愛川ブランド28品の内容は、工芸品、加工品、一次産品など多岐にわたる。

 事務局を担当した町企画政策課によると、「愛川町の魅力を再発見するためにも、多種多品目を選定することで町の特産品を掘り起こしていこうという一面がります」と話す。「自分たちではなかなかPRができないという事業者の方も、町がバックアップすることで光をあてることができる」と期待を寄せる。

 認定品については、愛川ブランドの名称やロゴマークを使用することができ、パッケージや売り場などに使用することで販売促進を図る。認定期間は5年。

 町では、愛川ブランド認定品を町の広報紙やホームページなどに掲載していく。事業者と協力してイベントでの出店も行い、8月23日(日)に田代運動公園で行われる「サマーフェスティバル」でも販売が行われる。また、小野澤町長が町外へのトップセールスを行うほか、販路を広げていく方法を模索していくという。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

当初予算案を発表

愛川町清川村

当初予算案を発表 社会

子育てや地域活性化に重点

3月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク