愛川・清川版 掲載号:2015年8月14日号 エリアトップへ

見つめ直そう 平和の尊さを 厚木市長 小林常良

掲載号:2015年8月14日号

  • LINE
  • hatena
厚木市長 小林常良
厚木市長 小林常良

 昭和24年4月、私は戦後に生を受けました。川や田畑など豊かな自然の中で、わんぱくに過ごした少年時代。少し前まで行われていた戦争のことを、生活の中で意識することはあまりありませんでした。

 自宅に近い内陸工業団地の場所に、陸軍の中津飛行場があったと知ったのは10歳くらいだったでしょうか。父や母から特攻隊の出撃やB-29爆撃機が近くに飛来した話を聞き、身震いをしたのを今でも覚えています。「もし戦争が長引いていたら、僕も特攻隊員になっていたのかも…」。そう思うと毎日の暮らしが急に尊く思え、家畜の牛や山羊、蚕の世話にも思わず力が入ったものです。

 先日、小型飛行機が住宅街に墜落する事故がありましたが、父や母、近所のおじさん、おばさんは米軍機の爆撃におびえ、同時に陸軍機が頭上を行き来する恐怖とも隣り合わせだったのだと思います。

 世界にはまだまだ紛争地帯があり、爆撃や略奪におびえながら暮らしている人たちがたくさんいます。その恐怖がどんなものなのか。残念ながら、私には想像すらできません。

 毎日を大切な人たちと泣いたり笑ったりして過ごし、おいしいご飯を食べ、一日の眠りにつく。それがどんなに幸せなことか、平和な世界に生きる私たちはもっと自覚するべきでしょう。

 私は平成19年から、厚木市長の重責を担わせていただいています。その最大のミッションは、「市民の皆さんの生命と財産を守ること」です。戦後70年の節目を迎えたいま、平和の大切さをみんなで見つめ直し、より安心・安全な社会の構築に向けて進んでいくことは、戦争の苦い体験を引き継いだ私たちの務めだと思っています。

愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

愛甲郡を育む!磨く!伸ばす!輝かす!〜地域活性化で住みたいまち清川・愛川〜

意見広告

愛甲郡を育む!磨く!伸ばす!輝かす!〜地域活性化で住みたいまち清川・愛川〜

自由民主党愛甲郡連合支部女性局長 つちや美和

3月22日号

新しい時代へ向けて地元・地域に関心を

代々住み続けられる町に

意見広告

代々住み続けられる町に

小島(こじま) 淳(あつし)

6月8日号

希望の党 〜政権交代へ〜

意見広告

希望の党 〜政権交代へ〜

前衆議院議員 ごとう祐一

10月6日号

優しさを、届けます。

意見広告

優しさを、届けます。

自民党神奈川十六区支部長 よしいえ ひろゆき

10月6日号

子どもたちに伝えていく責任

子どもたちに伝えていく責任

民主党 衆議院議員 後藤祐一

8月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク