愛川・清川版 掲載号:2015年8月28日号 エリアトップへ

清川村 定住促進に新制度 子育て世代 最大400万円減額

社会

掲載号:2015年8月28日号

  • LINE
  • hatena
舟沢分譲地
舟沢分譲地

 人口減少や少子高齢化の対策として、清川村が新たに2つの定住促進制度をスタートする。一つは村内に移住した子育て世代が対象で、もう一つは村内に住宅を新築する人が対象。ともに費用負担の軽減がはかられており、村では人口増に期待を寄せる。

 新制度の一つは9月1日(火)から実施される。対象は村が今年3月に整備した煤ヶ谷の舟沢分譲地(6区画)で、45歳以下の人が村内へ移住した場合、最大400万円の減額が受けられる。

 減額される金額は条件によって異なる。45歳以下の夫婦で100万円減額となり、同居する子どもがいる場合は一人につき50万円(最大150万円)、夫婦の親が同居の場合は一人につき25万円、建築工事を村内の業者が行う場合はさらに100万円が減額される。

 同居する子どもの年齢制限がないため、成人していても減額対象となるが、孫は減額の対象とならない。

 購入後に支払われる交付金方式と違い、この制度では分譲地の価格そのものが減額されるため、銀行など金融機関からの借入金を減らすことができる。金利など、長期的な視点でのメリットが大きいのが特長だ。

 もう一つの制度は、10月1日(木)以降にスタートする。村内に住宅を新築した人か新築住宅を購入した人が対象で、条件を満たせば最大100万円の住宅取得奨励金が交付される。

 この制度では、村内で住宅を新築した人に20万円を交付。住宅建築を村内業者が行う場合50万円が追加され、村外からの移住の場合はさらに30万円が追加される。この制度は、既に村内に在住の人も対象となる。家の建て替えを機に村外へ移る例も多く、人口の流出を防ぐ目的がある。

 なお、2つの制度の併用は不可。担当の村政策推進課では「人口減少は村の最大の課題。今後も定住促進に向けた更なる支援制度を行っていきたい」と話す。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

当初予算案を発表

愛川町清川村

当初予算案を発表 社会

子育てや地域活性化に重点

3月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク