愛川・清川版 掲載号:2016年7月8日号 エリアトップへ

林間に大人の集い場 愛川炭焼愛好会

文化

掲載号:2016年7月8日号

  • LINE
  • hatena
手作業で材料を並べる
手作業で材料を並べる

 仏果山の麓を通る愛川町半原の林道の一角に、毎週土曜日だけ開かれる炭焼き場がある。「愛川炭焼愛好会」は、気の合う仲間たちが集い、力を合わせて炭を焼く、大人の遊び場だ。

 同会は15年前に愛川町森林組合の傘下団体として誕生した。現在の会員は15人で、メンバーは会社員や自営業、退職後の人など様々。趣味の場として毎週数人で作業を行っている。

 炭の材料となる材木は、一般家庭の庭木の手入れなどで出たものを貰い受けている。15年間使い続けている専用の窯でじっくりと燃やし、燃料用の炭にする。難しいのは火を止めるタイミング。約3日間燃やし続け、煙の色や温度の変化で見極めるという。

 作られた炭は、愛川町のふるさとまつりなどイベントで販売するほか、バーベキュー場など炭を使う民間の業者にも販路がある。一般の人への販売も行っており、炭焼き場では1箱3kgで300円。同会の小島久司会長は「年々会員も高齢化が進んでいるので、炭焼きに興味のある方はぜひ見に来てほしい」と話す。詳しくは【電話】046・281・0617小島会長へ。

15年間使い続けている手作りの炭焼き窯と同会メンバー
15年間使い続けている手作りの炭焼き窯と同会メンバー

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク