愛川・清川版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

心肺蘇生法を訓練 高峰小でBLS授業

教育

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
胸骨圧迫や人工呼吸法を実践
胸骨圧迫や人工呼吸法を実践

 愛川町立高峰小学校で10月18日、心肺蘇生法講習(BLS授業)が行われた。

 愛川町では、町内小学校と消防署が協力して同講座を毎年行っている。対象は小学6年生で、心肺蘇生法を通して命の大切さを学ぶとともに、救命のために自分たちができることを知ることが目的。

 同校で行われた講座には児童33人が参加した。講師の消防職員から胸骨圧迫や人工呼吸の解説を受けた児童たちは、実際に心肺蘇生法を実演で学んだ。

 この他にも、消防職員から「胸骨圧迫などで疲れたら、周りの人同士で交代で行うと良い」「万が一の時、自分だけで何とかしようとせずに、助けを呼ぶことも大切」など救急現場での心構えなどを教わった。同授業は今後も行われ、12月までに町内6校の全小学校で実施される。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク