愛川・清川版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

ボウリング 夢の3ゲーム800点達成 田代の山田修次さん

スポーツ

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena
825点を記録したスコア表を手にする山田さん
825点を記録したスコア表を手にする山田さん

 愛川町田代在住の山田修次さん(68歳)が1月24日、ボウリングの3ゲームトータルで825点のハイスコアを記録した。

 ボウリングでは、1ゲームの10フレーム12投全てでストライクを取る「パーフェクト」が一つの憧れとなるが、更なる上級者が目指すのが3ゲームトータルの800点越え。山田さんも以前から目指していたというが、なかなか達成することはできなかった。

 念願の記録を達成したのは、相模原市にある相模ファーストレーンでのダブルス公式戦。1ゲーム目でパーフェクトを達成し、2ゲーム目も278点と好成績。ここまでの合計が578点に達した。

 しかし、3ゲーム目の序盤でスペアが続く。「この時は少し諦めかけました」と振り返る。この気持の変化が功を奏したのか、5フレーム目から盛り返し、ストライクを取り続けた。

 ゲーム終了を待たずに800点の大台を超え、記録を達成。感無量かと思いきや、「最終の第10フレームで、最初の1投はストライクだったが2投目が8ピンで最後はスペアだった。ここで全てストライクだったらもっと点数が伸びていた」と嬉しさと同時に悔しさもにじませる。

 20歳の頃にボウリングを始めた山田さん。3年ほどで初めてパーフェクトを達成し、一時は真剣にプロを目指したこともあったという。30代の頃に本格的にゴルフを始めてボウリングから遠ざかっていたが、58歳の時にたまたま飲み屋で知人たちと話が盛り上がり、ボウリングを再開。今も相模原市や厚木市のボウリング場で毎月の半分は投げている。「体を動かすことが健康の秘訣」という山田さん。夢の記録を達成したが、「まだまだ若い人に負けたくない。75歳までは、ハンデゼロで行きたいね」と笑顔を見せる。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク