愛川・清川版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

清川村 移住促進で新たな一手 体験住宅の利用者を募集

社会

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena
舟沢の体験住宅
舟沢の体験住宅

 清川村が2月10日から、舟沢体験住宅の体験者募集を開始した。一定期間清川村に住んでもらうことで村の魅力を体感し、定住につなげることが目的だ。

 少子高齢化や人口減少の対策として、村外からの移住者獲得に力を入れる清川村。村営住宅の積極的な展開などを進めているが、更なる移住促進策として舟沢体験住宅の制度をスタートさせた。

 移住を希望する家族が一定期間村内に滞在することで、村の伝統行事に参加し、各種施設を利用するなど村の魅力を体感してもらい、定住を促進する。

 使用される住宅は、昨年10月に完成した軽量鉄骨造2階建て2LDK。敷地面積は245・42平方メートルで、家庭菜園スペース78・94平方メートルが含まれる。滞在期間は3カ月以上1年以内が原則。体験料金は月5万円(光熱費等は自己負担)。村への移住を検討し、体験住宅の入居中、利用する家族全員が村に住民票を移動することなどの要件がある。なお、申し込みに対しては書類審査が行われる。

 この体験住宅以外にも、村では「別所森のコテージ花の木」で2日間から5日間ほどのショートステイができる。

 村への移住を検討している家族などが対象で、祝日や年末年始を除く月曜から金曜日の平日で移住体験ができる。体験料金は定額制で3万円。

 移住体験について詳しくは村政策推進課【電話】046・288・1213へ。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク