愛川・清川版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

漁協初の友釣り大会 鮎ファン100人が参加

スポーツ

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
腰まで水につかり鮎を追う参加者たち
腰まで水につかり鮎を追う参加者たち

 愛川町の中津川で9月10日、中津川漁業協同組合主催の「2017中津川鮎友釣り大会」が開催された。鮎の生育状況の確認や、鮎釣りファンとの意見交換などが主眼に置かれた大会で、同漁協主催の友釣り大会は初の試み。

 首都圏から日帰りで訪れることができ、一年を通して澄んだ清流が自慢の中津川は、釣り具メーカー主催の大会も開かれる鮎釣りの名川。今年も県内はもちろん、関東近郊から多くの鮎ファンが訪れ、川面に立つ。

 そんな中津川を管轄する同漁協では、これまで秋にマス釣り大会を行っていたが、鮎の大会は実施していなかった。そこで、鮎の生育状況や河川環境を確認し、中津川を訪れる鮎釣りファンの意見を聞くために、今年初めて友釣り大会を企画した。

 漁協のホームページや釣具店、おとり鮎販売店を通して参加を呼び掛けたところ、町内をはじめ静岡や群馬など他県からも釣り人が集まり、約100人が参加する盛大な大会になった。

 大会は同漁協の管轄区域のうち、角田から愛川橋上流で行われた。夏を思わせる陽気のなか参加者たちは竿を傾け、鮎を追った。

 メーカー主催大会のような緊張感とは違い、同漁協の大会は参加者同士の交流も兼ねていることから、和気あいあいとした雰囲気で行われた。優勝者は24尾。大物賞には21・5cmの鮎を釣り上げた人が輝いた。このほか、飛び賞、最高齢賞、レディース賞など多数の賞が贈られた。

 同漁協の木藤照雄組合長は、「今年はダムの水位が下がったことなどで7月下旬に川の水温が低くなり、鮎の生育が遅れていたが、夏の終わりになって水温も徐々に戻り、海産鮎も順調に育ってきた。大会でも鋭い追いで良く掛かるようになった」と生育状況を分析する。また、「多くの方に参加いただき、大成功だった。『また来年も』という声もいただいた」と笑顔で感想を話した。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク