愛川・清川版 掲載号:2017年12月1日号 エリアトップへ

まちづくり協議会 要望書を町長へ 観光拠点づくりで懇談

社会

掲載号:2017年12月1日号

  • LINE
  • hatena
要望書を手渡す小島会長(左)
要望書を手渡す小島会長(左)

 愛川地区まちづくり協議会(小島信男会長)が11月17日、愛川地区まちづくりに関する施策・予算要望書を小野澤豊町長に提出した。町が進める半原地域の観光産業連携拠点づくりついて、着実な具体化やスピード化など3項目を要望し、今後の展望などを話し合った。

 同会は、半原・田代地域の課題や今後のまちづくりを語り合う自主組織として、2016年5月に設立された。地域の団体や議員、個人など60人が参加しており、意見交換会や独自の講演会、町民アンケートなどを実施してきた。

 今回の要望書は、これまでの活動を踏まえ、2018年度の愛川地区のまちづくりについて政策や予算の要望をまとめたもの。【1】半原地域における観光・産業連携拠点づくりの着実、的確な具現化とスピード化【2】塩川滝周辺やJA県央愛川半原支所周辺エリアへの振興【3】「伝統の町愛川の香りがする観光化の推進」の事業推進と予算化、の3点が盛り込まれている。

 要望書を受け取った小野澤町長は「横須賀市との用地買収について、具体的な見通しが立ってきた。拠点づくりでは、事業の根っこの部分をしっかり育てていきたい」と話した。

 半原地区での拠点づくりでは、町が「食」や「文化継承」など3つのテーマでの構想案を策定。基本計画づくりを進めている。

 同協議会事務局を務める町議会議員の井上博明氏が9月から11月に行った町民アンケートでは、温浴施設や買い物スペースがある「愛川を味わい尽くす」のテーマを希望する声が半数以上(52%)だったという。同協議会では「今後とも、協議会の意見を町にしっかりと伝えながら、まちづくりを進めていきたい」と話す。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク