愛川・清川版 掲載号:2017年12月1日号 エリアトップへ

和太鼓ユニット「打縁」 海外演奏の写真展 町文化会館で12月8日から

社会

掲載号:2017年12月1日号

  • LINE
  • hatena
海外でも迫力の演技を披露する打縁メンバー
海外でも迫力の演技を披露する打縁メンバー

 愛川高校和太鼓部の卒業生で結成する和太鼓ユニット「打縁」が、今年の夏にロシア連邦サハ共和国で演奏を行った。この海外渡航の様子を紹介する「打縁シベリアに行く写真展」が12月8日(金)から24日(日)まで、愛川町文化会館で開催される。

 サハ共和国では、かつての太鼓文化を再生しようと太鼓グループ「テティム」を結成し、和太鼓を学ぶため2010年から愛川町で研修を行ってきた。しかし、ロシア通貨ルーブルの下落で来日研修が困難になったことから、今回は日本からサハ共和国を訪問した。

 訪問団には打縁メンバー7人に加え、プロミュージシャンや支援者など18人が参加した。一行は7月27日にハバロフスクで「第8回愛川笛と太鼓の音楽祭」を開催。躍動感ある迫力の演奏で会場を沸かせた。

 7月29日には「アムール流域民族芸能祭」に参加。日本芸術団コンサートとして演奏を行ったほか、小太鼓3個と篠笛5本を寄贈した。さらに、7月30日には「先住民族芸能祭 極東のリズム」に参加。現地のテレビ局からも取材を受けた。帰国前の31日には、住民向けのワークショップで子どもから大人まで約30人と交流を深めた。

 町文化会館1階展示コーナーで12月8日から始まる写真展では、今回の海外渡航と演奏など現地の様子を写真で紹介するほか、過去8年間の交流の記録なども展示する。12月9日(土)・10日(日)と23日(土)・24日(日)には、ビデオ上映も予定している。写真展の入場は無料。なお、期間中の12月16日(土)と17日(日)は他イベント開催のため展示は休止となる。

 NOPユーラシアンクラブ・テティム受入れ実行委員会の諏訪部勲実行委員長は「小さく始まった交流がこのように広がってきた。これまでの活動を、写真で知ってもらえたら」と話す。

現地での交流の様子
現地での交流の様子

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク