愛川・清川版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

町一周駅伝 細野区Aが3連覇 4人が区間1位の快走

スポーツ

独走状態でゴールする苅田選手
独走状態でゴールする苅田選手
 新春恒例、愛川町最大のスポーツイベント「愛川町一周駅伝競走大会」が1月7日、開催された。選手たちは澄み切った冬の愛川を疾走。レースは序盤からトップに躍り出た細野区Aが3連覇を飾った。

 三増公園陸上競技場をスタート・ゴールに、町内約27キロメートル7区間で競う同大会。今年で63回と長い伝統を誇る。

 町内の21行政区(自治会)が出場する第1部は23チームがエントリー。友好都市長野県立科町や町内の企業、厚木警察署、学校などが出場する第2部は22チームが出場した。

 選手たちは午前9時45分の号砲で一斉にスタート。第1区で先頭に立ったのは2部参加の立科町。第1部では三増区Aが2位につける。細野区Aは奥山瑛玄選手が7位で走り、第2区の中武泰雅選手に襷を繋ぐ。ここで中武選手が区間1位の走りでトップを奪うと、その後は第3区の石森彩香選手、第4区の中武泰希選手が盤石に繋ぐ。そして、第5区の秋吉元選手、第6区の澤口誠選手、第7区の苅田広野選手の3人がともに区間1位の独走で強さを見せつけた。

 今年の箱根駅伝で総合8位になった拓殖大学のアンカーとして出場した苅田選手は、今回が最後の町一周駅伝参加だという。「昨年の自分の記録を更新することを目指していましたが、20秒ほど遅れてしまいました。ですが、気持ちよく走れてよかったです」と爽やかな笑顔をみせた。

 細野区の小正博文総監督は「宣言通りに3連覇できてよかった。選手たちが『大丈夫』と言っていたので信頼していました。苅田選手は大きな力でしたが、細野区は選手層も厚いので、来年も頑張っていきたい」と話した。細野区Aの記録は1時間28分3秒だった。

 第1部の2位は田代区A、3位は角田区だった。第2部優勝は立科町。競技場内で行われたスポーツ少年団ミニ駅伝競走大会では、ハリマオサッカークラブAが優勝した。

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版のトップニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月6日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク