愛川・清川版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

町一周駅伝 細野区Aが3連覇 4人が区間1位の快走

スポーツ

独走状態でゴールする苅田選手
独走状態でゴールする苅田選手
 新春恒例、愛川町最大のスポーツイベント「愛川町一周駅伝競走大会」が1月7日、開催された。選手たちは澄み切った冬の愛川を疾走。レースは序盤からトップに躍り出た細野区Aが3連覇を飾った。

 三増公園陸上競技場をスタート・ゴールに、町内約27キロメートル7区間で競う同大会。今年で63回と長い伝統を誇る。

 町内の21行政区(自治会)が出場する第1部は23チームがエントリー。友好都市長野県立科町や町内の企業、厚木警察署、学校などが出場する第2部は22チームが出場した。

 選手たちは午前9時45分の号砲で一斉にスタート。第1区で先頭に立ったのは2部参加の立科町。第1部では三増区Aが2位につける。細野区Aは奥山瑛玄選手が7位で走り、第2区の中武泰雅選手に襷を繋ぐ。ここで中武選手が区間1位の走りでトップを奪うと、その後は第3区の石森彩香選手、第4区の中武泰希選手が盤石に繋ぐ。そして、第5区の秋吉元選手、第6区の澤口誠選手、第7区の苅田広野選手の3人がともに区間1位の独走で強さを見せつけた。

 今年の箱根駅伝で総合8位になった拓殖大学のアンカーとして出場した苅田選手は、今回が最後の町一周駅伝参加だという。「昨年の自分の記録を更新することを目指していましたが、20秒ほど遅れてしまいました。ですが、気持ちよく走れてよかったです」と爽やかな笑顔をみせた。

 細野区の小正博文総監督は「宣言通りに3連覇できてよかった。選手たちが『大丈夫』と言っていたので信頼していました。苅田選手は大きな力でしたが、細野区は選手層も厚いので、来年も頑張っていきたい」と話した。細野区Aの記録は1時間28分3秒だった。

 第1部の2位は田代区A、3位は角田区だった。第2部優勝は立科町。競技場内で行われたスポーツ少年団ミニ駅伝競走大会では、ハリマオサッカークラブAが優勝した。

愛川・清川版のトップニュース最新6件

郷里愛川で冒険語る

荻田泰永さん

郷里愛川で冒険語る

4月20日号

都心と村つなぐ拠点新生

道の駅「清川」

都心と村つなぐ拠点新生

4月20日号

愛川の軌跡が一冊に

小野澤町長が出馬表明

モンベルと包括協定

県央4市町村

モンベルと包括協定

3月23日号

村民待望のオープン

クリエイト清川店

村民待望のオープン

3月23日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

愛川の魅力満開

愛川の魅力満開

29日に「つつじまつり」

4月29日~4月29日

愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク