愛川・清川版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

愛川町出身荻田泰永さん 無補給単独で南極点へ 日本人の達成は初

スポーツ

南極点に到達した荻田さん(撮影:荻田泰永)
南極点に到達した荻田さん(撮影:荻田泰永)
 愛川町出身の冒険家、荻田泰永さんが日本時間の1月6日午前1時45分頃、無補給単独徒歩での南極点到達に成功した。日本人では初の快挙で、世界でも25人ほどしか達成していないという。

 荻田さんは南米チリを経由して南極大陸のユニオン氷河に入り、昨年11月18日(日本時間)、ヘラクレス入り江を出発。標高約2800mの南極点を目指して歩み始めた。

 「無補給単独徒歩」では、外部からの物資再補給や動力のサポートを受けず、単独自力のみで全行程を踏破する。食料や燃料、テントなどを載せたソリの重量は100kgを超える。

 北極冒険家として知られる荻田さんは、2000年からの18年間で15回の北極行を経験し、冒険してきた距離は9000Kmを超える。氷点下50度以下の環境や、揺れ動く氷上など過酷な経験を積んできたが、南極大陸は初のフィールド。無補給ゆえの行動制限、南極特有の「タカバ風」と呼ばれる吹き下ろしの強風、そして身体的な消耗に挑まなくてはならない。

 荻田さんは、見渡す限りの真っ白な世界のなか、ただ一人、凍てつく氷の上をひたすら進む。クレバス帯を慎重に避け、強い向かい風に挫けそうになる心を奮い立て、小さな一歩を積み重ねた。そして出発から50日目、1126Kmを踏破し南極点に到達した。

 快挙を成し遂げ荻田さんは自身のホームページにメッセージを寄せた。このなかで荻田さんは「たくさんの方にご支援いただき、ありがとうございました。約20年冒険をしてきたなかで、これまでに関わっていただいた皆さんのおかげで今があります。諦めずに一歩を踏み出し、積み重ねてきた結果です」と話した。

 荻田さんは田代出身。極地への冒険のほか国内では、子どもたちと160Km以上を歩く「100milesAdventure」なども開催。愛川町内の小学校や高校などでの講演会も行い、これまでの教訓や世界を広げる喜びを伝える活動も行っている。

氷床の上を進む荻田さん(撮影:荻田泰永)
氷床の上を進む荻田さん(撮影:荻田泰永)

愛川・清川版のトップニュース最新6件

細野区Aが3連覇

町一周駅伝

細野区Aが3連覇

1月12日号

「誠心誠意」の村政を

寄り添い決断する町政を

琢磨選手が日本王座

WBCムエタイスーパーフェザー級

琢磨選手が日本王座

12月15日号

日本版DMO法人に

宮ヶ瀬ダム周辺振興財団

日本版DMO法人に

12月15日号

要望書を町長へ

まちづくり協議会

要望書を町長へ

12月1日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク