愛川・清川版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

第二小でオーケストラ 児童との共演も

教育

演奏にあわせて合唱する児童ら
演奏にあわせて合唱する児童ら
 愛川町立中津第二小学校で1月29日、神奈川フィルハーモニー管弦楽団による演奏会が行われた。

 これは、同楽団が行っている「子どもたちの音楽芸術体験事業」の一環で開催されたもの。

 この日は同校の全校児童が体育館に集まり、オーケストラの生演奏を楽しんだ。「カルメン前奏曲」や「ファランドール」など、日本でもなじみ深い曲が披露されたほか、オーケストラを構成する楽器を種類ごとに紹介。ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器、フルートやトロンボーンなどの管楽器、その他の打楽器など、それぞれの楽器が奏でる音の特徴を学んだ。

 また、児童らがカスタネットやリコーダーなどの楽器を演奏し、クラシックの名曲で共演したほか、同校の5年生児童が作詞・作曲したオリジナル曲「ひとりじゃないから」をプロが演奏し、全校児童で合唱した。

 同校の小野澤正義校長は「本物の音楽を直接聞くことができるのは、とても貴重で、幸せな体験。児童たちにとって良い思い出になったのでは。オリジナル曲を作った5年生は特に嬉しかったと思う。かなフィルの皆さんに感謝しています」と話した。

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク