愛川・清川版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

愛甲商工会青年部 方言で町おこしに一役 特製タオル販売開始

社会

タオルを手にする青年部メンバーら
タオルを手にする青年部メンバーら
 愛甲商工会青年部(長島典正部長・31人)が愛川町の方言を紹介する「愛川町の方言タオル」を作製し、2月9日(金)から県立あいかわ公園パークセンター内観光案内所で販売を開始した。価格は1枚350円(税込)で販売枚数は470枚。

 愛甲商工会青年部は、地域の若手経営者や後継者たちで組織され、地域を活性化するための活動を行っている。同部では、2015年の青少年育成事業として行った小学生向けポスター募集で、参加賞用に「方言手ぬぐい」を作製した。これは応募者に配布されたほか贈答用などで使用されたが、枚数も少なかった。

 同部の研修で2016年に宮崎県の小林市を視察した際、方言を活用したポスターが目に留まり、地域活性化に向けた方言タオルの構想がスタート。過去に作った手ぬぐいをベースに、部員同士で方言を出し合い、デザインを検討。手ぬぐいでは20個の方言を紹介していたが、新しいタオルでは24種類を紹介している。さらに、手ぬぐいは長く使用したり繰り返し洗濯したりすると端がほつれてくることもあったが、タオルは丈夫な縫製で耐久性も向上している。

 また、販売に関しては愛川町にも協力を依頼し、同公園内での販売が実現したほか、愛川町観光キャラクターの「あいちゃん」が加わった。

 長島部長は「青年部内で話し合ってきたものが形になって良かった。作製・販売・周知に関して多くの方にご協力をいただいているので、これからどんどんこの方言タオルをPRしていきたい」と話す。

郷土の方言を紹介
郷土の方言を紹介

愛川・清川版のトップニュース最新6件

今期限りで勇退へ

学生目線で清川活性化

ロックで清川活性化

JAFと観光協定

愛川町

JAFと観光協定

9月7日号

「日本一過酷な駅伝」完走

仏果スカイクラブ

「日本一過酷な駅伝」完走

8月24日号

「賑わい」重視で青写真

半原水源地跡地利活用

「賑わい」重視で青写真

8月3日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク