愛川・清川版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

市町村対抗かながわ駅伝 愛川が町村の部連覇 ベスト記録で総合11位

スポーツ

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
最長区間の6区を走る中武泰希さん
最長区間の6区を走る中武泰希さん

 2月11日に「第72回市町村対抗かながわ駅伝競走大会」が開催され、愛川町チームは現在のコースでは最高記録となる2時間47分9秒で総合11位。町村の部では8回目の優勝で、昨年に続く連覇を達成した。

 かながわ駅伝は、県内の市町村ごとに選抜された7人の選手が秦野市カルチャーパークから県立相模湖公園までの51・5Kmを襷でつなぐ。今年は30チームが出場した。

 愛川町からは、西坂昂也さん(1区)、生方勇気さん(2区)、吉川敦史さん(3区)、石森彩香さん(4区)、小倉克仁さん(5区)、中武泰希さん(6区)、苅田広野さん(7区)がエントリーした。

 この日は晴天に恵まれ、午前9時に選手たちが一斉にスタート。愛川町は1区で20位につけると、2区で15位に浮上、3区と4区を堅調につなぎ、5区で13位まで順位を上げる。

 愛川町内を走る6区は、最長区間であり、アップダウンも激しい難所。この勝負所を任された中武さんは、期待にこたえる走りで順位を12位にあげ、アンカーである苅田さんに襷をつないだ。

 拓殖大学の選手として2年連続で箱根駅伝を走った苅田さんは、今年が最後のかながわ駅伝出場。区間9位の走りを見せ、昨年の総合13位を上回る総合11位でフィニッシュ。町村の部2連覇を決めた。

 今年の記録2時間47分9秒は、現在のコースとなった2003年の第57回大会以降で愛川町チームの最高記録。井上善一監督は「選手たちは皆本当に良く走ってくれた。スタートから良いリズムで波に乗れた。特に生方選手と中武選手が良い走りで、来年にもつながると思う。感謝しています」と話した。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク