愛川・清川版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

「闇の中にこそ光がある」 金澤泰子さん・翔子さんが講演

社会

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
力強く席上揮毫する金澤翔子さん
力強く席上揮毫する金澤翔子さん

 愛川町文化会館会議室で2月10日、2017年度福祉講演会が開催された。

 この講演会は、愛川町社会福祉協議会が主催。福祉文化の醸成と福祉の啓発を目的に、毎年開催しているもの。今年は書家の金澤泰子さんと金澤翔子さんを招き、「ダウン症の娘と共に生きて」をテーマに講演。会場には町民など約300人が集まった。

 書家の金澤泰子さんは41歳で翔子さんを授かるが、医師からダウン症と診断され、一時は絶望に暮れる日々だったが、翔子さんの笑顔に支えられ、共に生きようと決心。翔子さんは5歳から筆をとり、20歳で初の個展を開催し、多くの人に感動を与えた。

 この日の講演では、翔子さんが「共に生きる」を席上揮毫し、会場は大きな拍手に包まれた。

 また、その後の泰子さんの講演では、翔子さんが30歳になってから一人暮らしを続けていることや、翔子さんと共に生きたこれまでの生活などのエピソードを紹介。「医師から宣告された時は苦しかった。でも時間がそれを癒してくれて、今はとても幸せになれた」「翔子は、学校に通わなくなったことで書に取り組み、その経験があったから書家になれた。人生は闇の中にこそ、光がある」と語った。

講演する金澤泰子さん
講演する金澤泰子さん

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク