愛川・清川版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

相模川水系 美しき渓流魚求めて ヤマメ・イワナ釣り解禁

社会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
解禁日を楽しむ釣り人たち
解禁日を楽しむ釣り人たち

 相模川水系の渓流釣りが3月1日から解禁され、釣りファンたちで各河川は早朝から賑わった。

 相模川水系の2018年の渓流釣りシーズンは3月1日から10月14日(日)まで。手軽にアクセスできる釣り場として人気がある愛川町の中津川では、餌釣りやルアー、フライで楽しむ姿が多く見られる。今年は解禁日前夜から早朝にかけて雨が降った影響などもあったが、釣り人たちは渓流魚との出会いを求めて熱心に竿を振っていた。

 宮ヶ瀬ダム周辺では、谷太郎川や早戸川なども源流の雰囲気を満喫できるポイントとして人気だ。

 なお、ヤマメやイワナなどは漁協による放流が行われており、釣りには遊漁料が必要となる。遊漁料は、ヤマメ・イワナ・ニジマスの1日券が1500円(現場売2500円)。1年券は5000円(年券購入には顔写真が必要)。

 また、塩水川や本谷川は林道崩落により緊急工事が行われており、工事完了予定の3月20日(火)以降に放流を行う予定だという。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク