愛川・清川版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

宮ヶ瀬ダムなど相模川水系 ダムアワード初受賞 昨年の渇水対策評価

社会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
宮ヶ瀬ダム操作室での授賞式記念撮影
宮ヶ瀬ダム操作室での授賞式記念撮影

 ダムファン有志などが、その年に活躍したダムを表彰する「日本ダムアワード2017」で、宮ヶ瀬ダムを含む相模川水系の総合運用が「低水管理賞」を受賞。3月5日には、宮ヶ瀬ダムで授賞式が行われた。

 日本ダムアワードは、「ダムファンによる、ダム版アカデミー賞」として、有志の選考委員会が活躍したダムをノミネート。プレゼンテーションでは、150人を超える愛好家たちが集い、観客も含めた投票で受賞ダムが決定する。

 第6回となる2017年のダムアワードでは、昨年12月に東京都渋谷でプレゼンテーションが行われた。7人のプレゼンターが、それぞれ印象に残ったダムを紹介。ダム大賞、放流賞、低水管理賞、イベント賞、洪水調節賞が決まった。

 宮ヶ瀬ダムを含む相模川水系総合運用が受賞したのは「低水管理賞」。

 低水管理とは、渇水時でも水道用水など必要な水が利用できるように管理・運用すること。

 神奈川県民の水瓶である宮ヶ瀬ダムでは、昨年の夏に水不足により貯水率が52%台に落ち込むなど、過去最低の貯水率を記録。遊覧船の運航が一時中止されるなど、影響があった。

 同水系では、このような渇水時に備えて宮ヶ瀬ダム、城山ダム、相模ダム、道志ダムの4つのダムの水を、導水路などを活用して補給する総合運用を日頃から行っている。

 昨年の渇水時も、大貯水量を誇る宮ヶ瀬ダムの水を最大限に活用。一般家庭での断水などを起こすことなく、危機を乗り切った。この総合運用の実績が評価され、2017年のダムアワードを受賞した。

 授賞式は、普段は一般の人が入ることのできない相模川水系広域ダム管理事務所の操作室で行われ、選考委員から受賞の楯などが贈られた。

 同水系の日本ダムアワード受賞は今回が初めて。同事務所広域水管理課長の小川浩さんは「日常生活に支障が出ないように、ダムの総合運用を行っています。取り組みが評価されたことは、とても嬉しいです」と話した。

 ダムアワード2017のダム大賞は、九州北部豪雨時に洪水調節を行い、洪水や流木による被害の軽減に貢献した福岡県の寺内ダムが選ばれている。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク