愛川・清川版 掲載号:2018年4月6日号 エリアトップへ

一年の無事を祈願 八菅神社で火渡り

文化

掲載号:2018年4月6日号

  • LINE
  • hatena
荒行に挑む修験者を多くの観衆が見守る
荒行に挑む修験者を多くの観衆が見守る

 愛川町の八菅神社で3月28日、恒例となっている春の例祭が開かれた。

 八菅山は、かつて山岳信仰の聖地として栄え、修験者たちが集う道場として知られた場所。祭りのメインである「護摩供養火生三昧の修法(火渡り)」は、奈良時代から続くと言われる。往時の荒行を今に伝える伝統行事を一目見ようと、多くの見物客が集まった。

 法螺貝の合図に導かれて山伏装束の男たちが境内に入ると、古式にのっとった儀式ののち、木や葉が積み上げられた山に点火された。炎を地面にならし、掛け声とともに火の中を一気に渡った。

 火渡りは1年の無病息災を祈る行事。火が落ち着いた後は、一般の見物客も火渡りを体験した。

 この日の同神社では、火渡りのほかにも少年剣道大会などが行われ、来場者たちはうららかな春の一日を楽しんだ。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク