愛川・清川版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

古民家で弦楽四重奏 地域資源を活用

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
若者たちの演奏が古民家に響く
若者たちの演奏が古民家に響く

 愛川町の古民家山十邸で5月19日、若き演奏家によるクラシックアンサンブルが開催された。

 これは、町の地域資源を活用し、若者の芸術・文化活動を支援する事業として行われたもので、昨年に続き2回目。この日は、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校の在校生と卒業生による弦楽四重奏が行われた。

 「サウンド・オブ・ミュージック」や「シンプル・シンフォニー」など5曲が披露され、コンサートホールとは一味違う雰囲気に大きな拍手があがった。庭園で音色を楽しむ人もあり、主催の町教育委員会によると約180人が集まったという。参加者からは「古民家の雰囲気とクラシック音楽がマッチしていました」などの感想があがった。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク