愛川・清川版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

松葉沢に幻想の光 ホタルの里

社会

松葉沢に舞うホタルたち
松葉沢に舞うホタルたち
 愛川町半原にあるホタルの里で、今年も幻想的な光が舞った。6月2日には、地元有志団体「松葉沢ホタル保存会」によるホタル観賞の夕(ゆうべ)が開催された。

 同会は、1980年に発足した団体。かつての美しい松葉沢の姿を後世に残そうと、水辺の環境保全・美化活動や、ホタルの養殖と保存に取り組んでいる。

 鑑賞の夕は、地域の活性化と松葉沢の環境保全を目的に毎年行われ、今年で34回目。地域でも恒例の行事となっており、この日は地元や周辺他市から約600人が来場し、ヨーヨーや綿菓子などの出店を楽しむ子どもたちの姿も見られた。山間の沢に夕闇が訪れると、一つ、二つとホタルの光がともり始め、参加者たちは初夏の夕暮れに舞う幻想的な光を眺めた。

多くの来場者で賑わった
多くの来場者で賑わった

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク