愛川・清川版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • hatena

約60年の時を経て 中津でアオノリュウゼツラン開花

社会

高さ7m程のアオノリュウゼツラン
高さ7m程のアオノリュウゼツラン

 愛川町中津の角田繁和さん宅で7月下旬。アオノリュウゼツランが開花した。

 アオノリュウゼツランはメキシコ原産で、高さは5mから8mに達する。数十年かけて花を咲かせ開花後は枯死してしまうが、根元に子株を残し繁殖するという。「100年(1世紀)に一度開花する」と誤認されたことから、英語ではセンチュリー・プラント(世紀の植物)とも呼ばれている。

 角田さんが小学生だった昭和35年頃、友人から手のひらほどのアオノリュウゼツランを貰った。自宅の庭に植え、「植えっぱなし」の状態だったが、ゆっくりと成長を続けていた。

 今年の5月には花芽が出始めたが、それから2カ月かけてやっと開花した。植物や鳥など自然が好きな角田さん。「まさか咲くとは思っていませんでした。嬉しい」と笑顔で話す。咲くまでは遅いが、開花すると散るのは早く、見頃は8月上旬までだという。

数十年に一度という花
数十年に一度という花

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク