愛川・清川版 掲載号:2018年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

素材の味楽しんで 町小学校で食育

教育

素材の味が楽しめる給食は好評
素材の味が楽しめる給食は好評
 愛川町の全小学校で9月26日、食育の一環で「粗食給食」が行われた。

 「粗食」とは、粗末な食事ではなく穀類と野菜を主とした食事のこと。現在は飽食の時代と言われているが、昔ながらの献立は食材の味が良くわかり、消化器官が栄養を吸収しやすいという。愛川町では食育の一環で2015年度から粗食給食を行っている。

 この日の献立は十穀米ごはん、牛乳、サバの塩焼き、みそ汁、ふかし芋、つぼ漬け。菅原小学校でも全学年の児童が普段とひと味違う給食を体験。1年生も「サバが美味しい」と、笑顔を見せた。

この日の献立
この日の献立

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク