愛川・清川版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

半原山 顕妙寺 みんなで「よいしょ」 子どもたちがお餅つき

教育

力をあわせて杵を振る子どもたち
力をあわせて杵を振る子どもたち

 愛川町半原の顕妙寺で2018年12月25日、親子約60人が参加してお餅つきが行われた。

 これは、相模原市を拠点に活動する未就園児の集い「青空外あそびの会もりのこ」が毎年行っているもの。

 同会では夏に川遊び、冬にお餅つきで顕妙寺を訪問することが恒例になっており、この日も多くの親子が参加。火を起こしてもち米を蒸し、臼と杵でお餅をついた。

 小さな子どもは保護者と一緒に杵を持ち、「よいしょ」の大きな掛け声で元気いっぱいにお餅をついていた。

 つきたてのお餅は、大根おろしやお雑煮で味わった。また、境内に多く生えている竹を使い、竹はんごうでの炊き込みご飯なども作った。自分たちの手で作ったお餅に、子どもたちも「美味しい」と笑顔を見せた。

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月9日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク