鎌倉版 掲載号:2013年5月17日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき〈第4回〉 光明寺裏山の展望

掲載号:2013年5月17日号

  • LINE
  • hatena
光明寺山門の向こうに海を望む
光明寺山門の向こうに海を望む

 大町を南へ進み、材木座にはいり一気に潮の香りが強くなったあたりに光明寺はあります。きょうは、お寺の前を通り過ぎ裏山を目指します。高さにすれば20mぐらい上がったところでしょうか、左後ろを振返ると、私が一番好きな鎌倉の景色を眺めることができます。

 山門の大きな瓦屋根が見えます。その向こうには白波のたつ青い海、砂浜には人影が見えます。強い日差しを浴びた町並み、周辺の木々の新緑も鮮やかです。しばらく眺めていると鎌倉の自然、生活、文化までも感じることができるようです。

 実は、光明寺裏山からの展望は、昭和54年に定められた「かながわの景勝50選」に選ばれています。その旨を刻んだ石碑もありますが、むしろそのあたりからはほとんど何も見えません。時間と共に展望も変化してしまったということなのでしょうか。県のホームページには、「周辺の環境等の関係で展望が悪くなっておりますのでご紹介を差し控えます。」と書かれています。

 写真は、石碑から少し南へ行き、第一中学校正門近くのトンネル付近からのものです。少し背伸びをしての撮影ですが、展望を見るには今はこの角度が最善です。鎌倉ファンとしてのお願いなのですが、トンネルの上あたりに見晴らし台を作っていただけないものでしょうか。そうすれば、視界もさらに開け、びっくりするような展望が開けるに違いありません。
(石井卓郎)

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版のコラム最新6

源頼朝の妻、政子のほかにも

鎌倉のとっておき 〈第120回〉

源頼朝の妻、政子のほかにも

10月8日号

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

鎌倉のとっておき 〈第119回〉

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

9月3日号

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

鎌倉のとっておき 〈第118回〉

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

8月27日号

鎌倉の音を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第117回〉

鎌倉の音を訪ねて

8月20日号

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook