鎌倉版

トップニュースの記事一覧

  • 「国際型サッカークラブ目指す」

    「国際型サッカークラブ目指す」 スポーツ

    鎌倉インテルFCが発足

     「鎌倉からJリーグへ」。そんな夢を掲げるサッカークラブが、活動を開始した。現在は県社会人リーグ3部に所属しており、国内最上位であるJ1まで昇格するには早くとも...(続きを読む)

  • 免許自主返納 官民で促進

    免許自主返納 官民で促進 社会

    市内店舗で特典実施も

     先月28日、茅ヶ崎市内の交差点で90歳の女性が歩行者をはねて死傷させるなど、高齢ドライバーによる交通事故が後を絶たない。全国の自治体が運転に不安を感じる高齢者...(続きを読む)

  • 直売所と福祉事業所が連携へ

    直売所と福祉事業所が連携へ 社会

    「農・福」でにぎわい創出目指す

     市内関谷で地場野菜や特製カレー等の販売を行う会社と知的・精神障害がある人が働く福祉事業所の連携が始まることになった。事業所で製造したコーヒーや菓子等を直売所「...(続きを読む)

  • 学童と放課後教室を一体運営

    学童と放課後教室を一体運営 社会

    深沢小で市内初の事業

     学童保育とアフタースクール(放課後子ども教室)を一体的に運営する「放課後かまくらっ子」事業が6月11日(月)、深沢小学校の敷地内で始まる。子どもたちの放課後の...(続きを読む)

  • 「本庁舎移転 市民に問いたい」

    「本庁舎移転 市民に問いたい」 政治

    住民投票目指し団体設立へ

     鎌倉市が市役所本庁舎を深沢地域整備事業用地に移転する方針を打ち出したことに対し、「市民に是非を問うべき」として、住民投票の実施を模索する動きが始まっている。鎌...(続きを読む)

  • 再開求め署名活動

    長谷こども会館

    再開求め署名活動 社会

    主婦ら中心に4日まで

     耐震強度が基準を満たさないとして、4月28日に閉館した長谷子ども会館について「対策を施した上で子ども会館として再開してほしい」と、子育て中の主婦らが中心となっ...(続きを読む)

  • 「卓上の鎌倉探訪楽しんで」

    「卓上の鎌倉探訪楽しんで」 社会

    ボードゲームを商品化

     市内企業が開発した、鎌倉が舞台のボードゲームがこのほど商品化された。プレイを通じて鎌倉の名所や地理を知ることもできるもので、製作者は「鎌倉の魅力を広く発信する...(続きを読む)

  • 鎌倉署跡地にホテル計画

    鎌倉署跡地にホテル計画 社会

    JR東、20年春開業目指す

     2013年に移転した鎌倉警察署の跡地(小町1丁目)に、JR東日本グループが「ホテルメトロポリタン鎌倉(仮称)」の建設を予定している。6月に着工し、20年春の開...(続きを読む)

  • 住民優先に8割が「理解」

    住民優先に8割が「理解」 社会

    市が社会実験の結果公表

     鎌倉市はこのほど、GW中に江ノ電鎌倉駅西口改札で実施した、沿線住民を駅構内に優先入場させる社会実験の結果を発表した。観光客を対象としたアンケートでは約8割が好...(続きを読む)

  • 市内初の常設フリースクール

    市内初の常設フリースクール 社会

    子育て支援NPOが運営

     さまざまな理由で学校に行くことができない子どもたちの居場所となる「フリースクール」がこのほど、深沢小学校そばにオープンした。市内で長く子育て支援に携わり、昨年...(続きを読む)

  • 「苔の魅力」鎌倉から発信

    「苔の魅力」鎌倉から発信 社会

    12、13日市内で展示会

     インテリアの一つとして、いま密かな人気となっているという「苔」。今週末には、苔を使った作品を集めた展示会が市内で開催される。企画したのはこの春、鎌倉で専門店を...(続きを読む)

  • バラまつりで200種堪能

    バラまつりで200種堪能 文化

    鎌倉文学館で6月10日まで

     恒例の「バラまつり」が5月11日(金)から6月10日(日)まで、鎌倉文学館で開催される。バラの販売や演奏会なども予定されており、同館は「今年も多くの人に来場し...(続きを読む)

  • パック再生し江ノ電完成

    パック再生し江ノ電完成 社会

    5月末まで市役所に展示

     資源再生の新たなかたちを目指し、昨年10月にスタートした「鎌倉リサイクリエーションプロジェクト」。市民から集まった詰め替え用パックでできたブロックを使った江ノ...(続きを読む)

  • スマホで多言語観光案内

    鎌倉市

    スマホで多言語観光案内 社会

    オリックスと新サービス

     鎌倉市はこのほど、オリックス(株)と協定を結び外国人観光客向けの観光情報提供サービスを開始した。専用のプレートにスマートフォンをかざすだけで、多言語による情報...(続きを読む)

  • 仏セーリング連盟と協定

    鎌倉市

    仏セーリング連盟と協定 スポーツ

    事前キャンプを支援

     鎌倉市はこのほど、フランスセーリング連盟と2020年東京五輪等に向けた事前キャンプに関する協定を締結した。五輪に加えて今年から3年連続で江の島を会場にワールド...(続きを読む)

  • 「歩く観光の楽しさ知って」

    「歩く観光の楽しさ知って」 社会

    市民団体が散策マップ製作

     鎌倉市内在住の有志からなる市民団体がこのほど、手作りの観光ガイド「ぶらり鎌倉マップ」を完成させた。「長谷・由比ガ浜」「二階堂・浄明寺」という市内屈指の人気エリ...(続きを読む)

  • 長谷子ども会館 閉館へ

    長谷子ども会館 閉館へ 社会

    耐震性能不足が判明

     市はこのほど、「鎌倉市長谷子ども会館」(長谷1の11の1)を4月28日(土)で閉館すると発表した。耐震診断の結果、大地震による倒壊の危険性が高いと判断した。保...(続きを読む)

  • 開館20周年で特別展

    鏑木清方記念美術館

    開館20周年で特別展 文化

    20日は入館無料に

     「鎌倉市鏑木清方記念美術館」(雪ノ下1の5の25)は4月17日、開館20周年を迎えた。これを記念し、20日(金)から5月23日(水)まで、特別展「鏑木清方の芸...(続きを読む)

  • 障害者の鎌倉観光を後押し

    障害者の鎌倉観光を後押し 社会

    NPOが次世代車いす普及へ

     次世代型電動車いすを普及させることで「障害があっても鎌倉観光を気軽に楽しんでもらおう」という取り組みが進んでいる。車いすユーザー向けに観光ツアーを企画したり、...(続きを読む)

  • 病児・病後児保育を拡充

    鎌倉市

    病児・病後児保育を拡充 社会

    2施設で受け入れ開始

     鎌倉市が「病児・病後児保育」の充実に取り組んでいる。これまで病後児保育を行ってきた大船の施設で病児の、病児保育を行ってきた由比ガ浜の施設で病後児の預かりを、そ...(続きを読む)

  • 渋滞対策へ国が実験開始

    渋滞対策へ国が実験開始 社会

    専用機器でデータ収集

     観光地における渋滞対策を目的とした全国初の社会実験が、鎌倉市内で始まった。専用の測定機器を設置して自動車の通行データを収集し、エリアプライシング(ロードプライ...(続きを読む)

  • アンデルセン賞に地元沸く

    由比ガ浜在住角野栄子さん

    アンデルセン賞に地元沸く 文化

    朗読会は過去最多の来場

     由比ガ浜在住で、『魔女の宅急便』などで知られる作家の角野栄子さん(83)が3月26日、「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれた。...(続きを読む)

  • 改修終え4月1日再開

    フラワーセンター

    改修終え4月1日再開 社会

    玉縄桜広場など新設

     老朽化による大規模改修工事が続いていた県立フラワーセンター大船植物園が4月1日(日)に再開する。鑑賞エリアの拡張や本館のバリアフリー化などの整備を進めたほか、...(続きを読む)

  • 地元企業が共同で「社食」運営

    地元企業が共同で「社食」運営 社会

    4月16日御成町に開設

     複数の地元企業が共同で運営する、全国的にも珍しい「社員食堂」が4月中旬、市内御成町にオープンする。鎌倉に本社を置くIT企業が中心となって進めている取り組みで、...(続きを読む)

  • ごみ処理施策めぐり紛糾

    鎌倉市議会

    ごみ処理施策めぐり紛糾 社会

    減容化施設関連費を削除

     市議会2月定例会が3月16日、閉会した。会期中は松尾崇市長が「年度末までに一定の結論を出す」としていた新しいごみ焼却施設についての方針を覆したことなどもあり、...(続きを読む)

  • 障害者診療がスタート

    市歯科医師会

    障害者診療がスタート 社会

    4月から毎週木曜実施に

     障害者を対象とした歯科診療が、2月から始まった。これは鎌倉市が(一社)鎌倉市歯科医師会(田中直人会長)に委託し、実施しているもの。4月以降は従来の隔週から毎週...(続きを読む)

  • 「伝統文化発信の拠点に」

    市内の書家小山渚さん

    「伝統文化発信の拠点に」 文化

    山ノ内にギャラリー開設

     北鎌倉駅西口にほど近い場所に3月17日(土)、アートスペース「ギャラリーえにし」(山ノ内1347)がオープンする。運営する書家・小山渚さんは「さまざ...(続きを読む)

  • 毎日の運動がポイントに

    鎌倉市

    毎日の運動がポイントに 社会

    抽選で景品への交換も

     鎌倉市は3月15日から「かまくらヘルシーポイント」事業をスタートさせた。活動量計やスマートフォンアプリを活用すると、歩数に応じてポイントが付与され、抽選で景品...(続きを読む)

  • 「日比谷花壇」が新愛称に

    フラワーセンター

    「日比谷花壇」が新愛称に 社会

    再開控え命名権協定結ぶ

     神奈川県は2月27日、現在改修中で4月1日に再開する県立フラワーセンター大船植物園の新たな愛称が「日比谷花壇大船フラワーセンター」に決まったと発表した。...(続きを読む)

  • 地域と連携 詐欺防止へ

    鎌倉警察署

    地域と連携 詐欺防止へ 社会

    18人に県民捜査官を委嘱

     市内での振り込め詐欺対策の一環として、鎌倉警察署は2月23日、「だまされた振り作戦県民捜査官」を市民18人に委嘱した。また、27日には、詐欺被害防止に貢献した...(続きを読む)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「似顔絵で癒しの時間を」

「似顔絵で癒しの時間を」

湘南鎌倉総合病院で作品展

6月9日~7月6日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク