鎌倉版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

鎌倉と源氏物語 〈第2回〉 真面目な少年 北条実時

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena
北条実時像(称名寺境内)
北条実時像(称名寺境内)

 「武士の都」として知られる鎌倉ですが、『源氏物語』と深い関係があることはあまり知られていません。文化薫る歴史を辿ります。

 現代に伝わる『源氏物語』の写本のひとつ、「尾州家河内本源氏物語」の奥書に名を残し、金沢文庫を創設した北条実時。彼が鎌倉幕府を代表して将軍に仕える「小侍所別当」になったのは11歳の時でした。当時の将軍は第4代九条頼経。きっかけは、父・実泰の病気です。

 当然、御家人たちは「少年にそんな重責は無理」と反対します。それを押し切ったのが、第3代執権の北条泰時でした。泰時にとって実泰は弟。実時は甥です。

 これは弟の家を守るためだけでなく、勤勉な実時を買っていたためで、未熟な分は自分が助けるからと周囲を説得したのでした。

 が、これには裏があります。父・実泰の病気は鎌倉幕府の歴史書『吾妻鏡』に記された表向きの理由。実際は、腹を突き切って、幾度となく意識を失う事態に陥ったからでした。狂気の自害説もあります。当時、京都にいた藤原定家の日記『明月記』にそう書かれているのです。なぜ、定家がそんな情報を持っていたのかは、今まで謎でした。

 しかし、これは『源氏物語』を介すと簡単に理解できます。定家は「河内本源氏物語」を作った源親行と親しく、親行は今コラム冒頭に登場した第4代将軍頼経に仕えていました。小侍所別当だった実時の父・実泰を知っていてもおかしくありません。定家は親行から情報を受け取っていたのでしょう。

織田百合子
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク