鎌倉版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉のとっておき〈第30回〉 「健康食」ことはじめ

建長寺の唐門
建長寺の唐門

 今も昔も私たちの生命の源である「食」。年間2千万人を超える観光客で賑わうここ鎌倉では、古くから市民に愛されている老舗からミシュラン星獲得店まで、それぞれが趣向を凝らしたメニューを提供しており、街の魅力になっている。

 中世鎌倉の食事は朝夕の1日2回で、かの源頼朝も普段の食事は一汁二菜から三菜程度。夫人の北条政子は、正月など事ある時でも「粥、煮さざえ、焼き鯛、昆布煮、茹でた野菜」といった質素ながらもバランスの良いメニューだった。

 当時の百科事典である『拾芥抄(しゅうがいしょう)』には月によって食べるのを避ける物(いずれも旧暦で4月は大蒜、9月は猪肉等)や、食べ合わせがよくない物が記載されている。「鯉と葱や鶏」「鮎と猪肉」といったものから、「胡麻と生菜」「餅と冷水」「胡瓜と酢」など、今では身近な組み合わせを含めその内容は多岐にわたる。

 いずれにせよ、薬が一般的ではなかった時代。庶民においても身体を気遣い、毎日の食生活に細心の注意を払っていたことがうかがえる。

 また、禅宗の発展に伴い禅寺発祥の自然の恵みを活かした精進料理が、ここ鎌倉から全国に広まっていき、次第に「庶民の食」となっていった。特に建長寺の開山・蘭渓道隆が考案した「けんちん汁」は、ものの命を活かす禅宗の教えから、大根やゴボウなど旬の素材の皮やヘタまでも無駄なく使い切る料理で、もともとの「建長汁」がなまったものと言われている。

 自然の恵み豊かで禅宗文化の香り漂う古都鎌倉。3年後の東京五輪を控え、「食」の喜びや、その大切さ、尊さを世界へと発信できる街でもある。  石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6件

鎌倉の梵鐘

鎌倉のとっておき〈第33回〉

鎌倉の梵鐘

1月19日号

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

鎌倉と源氏物語〈第21回〉

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

12月8日号

お酒にまつわるエトセトラ

鎌倉のとっておき〈第32回〉

お酒にまつわるエトセトラ

12月8日号

鎌倉にある湖とその歴史

鎌倉のとっておき〈第31回〉

鎌倉にある湖とその歴史

11月24日号

消えた玄さん石碑が残る

玄海男生誕100年〈第4回〉

消えた玄さん石碑が残る

11月17日号

鎌倉市〒の旅 vol.17

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク