鎌倉版 掲載号:2017年11月17日号 エリアトップへ

玄海男生誕100年〈第4回〉 消えた玄さん石碑が残る

掲載号:2017年11月17日号

  • LINE
  • hatena
サトさんの石碑と私
サトさんの石碑と私

 戦前に海を渡り、その実力と華麗なファイトスタイルでハリウッドスターからも人気を得た伝説のボクサーがかつて鎌倉にいました。11月で生誕100年。その足跡を辿ります。

 渡米から2年後の1939年2月、玄さんは鎌倉丸で帰国した。その後、数試合闘ったものの、痛めていた左目がついに失明し引退を余儀なくされた。

 ただ見えなくなった左目が災い転じて吉となり、戦地へ送られることはなかった。戦後は銀座でずいぶん暴れまわったらしい。その後、知り合いのツテを頼って鎌倉に居を構えた。

 玄さんはたいそうモテた。51年、扇ガ谷に瀟洒なボクシングジムを建てることができたのも、パトロンがいたからだった。しかし89年の春、土地の賃貸関係の問題からかジムは突如として更地になった。跡地は現在、駐車場になっている。

 その後、身体を壊し入院した玄さんとは連絡が途絶えた。ボクシング関係者の間で「玄さんが亡くなった」という噂が流れてきたが、どこに墓があるのかさえ誰も知らない。

 ここ鎌倉で玄さんの痕跡をとどめるものがひとつだけある。下馬交差点近く、鎌倉大町踏切そばにある金子サトさんの石碑だ。この石碑は玄さんが建てた。若い頃、サトさんに世話になったと聞いた。

 出自や時代の大きな流れに翻弄されながらも、戦前のアメリカで活躍した玄さん。生きていれば11月4日で100歳を迎えていた。

 この機会に、鎌倉には伝説のボクサーがいたことを多くの人に知っていただければ幸いである。(完)

田川永吉
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク