鎌倉版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第55回〉 食の定番、鎌倉から

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
後醍醐天皇の命で足利尊氏が建立した宝戒寺
後醍醐天皇の命で足利尊氏が建立した宝戒寺

 今や私たちの食生活に欠かせない味噌汁とおにぎり。朝一杯の味噌汁や具入りのおにぎりは、私たちの毎日に活力を与えてくれるが、その起源は中世鎌倉にあった。

 はじめに味噌汁。そもそも味噌(粒味噌)は、7世紀頃中国から伝わった発酵食品だが、平安時代の『延喜式(えんぎしき)』(法典)には、味噌が高級官僚の給料として支給されていたとも記されるなど、庶民の口には入らない贅沢品だった。

 中世鎌倉になると、粒味噌をすり鉢ですりつぶし、水に溶けやすくした漉(こ)し味噌が作られ、これを溶いた味噌汁が庶民にも広まっていった。

 戦国時代には、味噌で煮付けた干大根や芋がらを編んで腰に携帯し、陣中で切って湯に入れ味噌汁にする、今で言う「インスタント味噌汁」も食されていたという。

 一方のおにぎり。平安時代の貴族は、宴会の際、従者たちに蒸したもち米を丸く握り固めた「屯食(とんじき)」を振舞っていた。今で言う給食の一種でもある。

 中世鎌倉では承久の乱(北条義時と後鳥羽上皇の争い)の際、東国武士の兵糧として梅干入りのおにぎりが配られたことがきっかけで、梅干しとともに具入りのおにぎりが全国に広まったという。

 江戸時代になると、今では身近な海苔巻おにぎりも誕生し、旅人の携行食としても重宝されたと聞く。

 日本のソウルフード、味噌汁とおにぎり。古(いにしえ)の日本人の知恵と工夫が私たちの毎日の健康を支えてくれている。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

北条義時、Who?

鎌倉のとっておき 〈第86回〉

北条義時、Who?

7月3日号

盛夏のアユ(初編)

清流の息吹を訪ねて 鎌倉淡水魚紀行vol.1

盛夏のアユ(初編)

7月3日号

一条恵観山荘〜雅の心

鎌倉のとっておき 〈第85回〉

一条恵観山荘〜雅の心

6月26日号

お守り、いま昔

鎌倉のとっておき 〈第84回〉

お守り、いま昔

6月19日号

伊能忠敬、鎌倉を測量

鎌倉のとっておき 〈第83回〉

伊能忠敬、鎌倉を測量

6月12日号

鎌倉と御家人〜茂木氏〜

鎌倉のとっておき 〈第82回〉

鎌倉と御家人〜茂木氏〜

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク