鎌倉版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第84回〉 お守り、いま昔

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena
鎌倉宮の「獅子頭守」
鎌倉宮の「獅子頭守」

 お守りといえば、学業成就や無病息災など目的は様々だが、鎌倉の寺社では個性豊かなお守りを授かることができる。

 そもそもお守りは、身に着けたり住まいにお祀(まつ)りしたりして、災難を防ぎ神仏のご加護を賜るものだが、その始まりは、縄文時代に人々が魔除けとして身に着けた勾玉(まがたま)だとも言われている。

 そして仏教の伝来後、平安期の貴族は、護符(災いを予防するまじないの力を持つお札)を納めた小さな木筒を錦袋に包んで首にかけた「懸(かけ)守(まもり)」を肌身離さず携帯するようになり、これが中世鎌倉の武士にも伝わっていったと聞く。

 鎌倉とお守りに関しては、こんな逸話が残る。

1333年「建武の新政」で征夷大将軍に任ぜられた護良(もりよし)親王(後醍醐天皇の皇子)は、鎌倉宮の祭神だが、この親王が戦に赴く際には、兜の中に獅子頭の小さなお守りを忍ばせて自らを守っていた、というのだ。

 これにちなみ、鎌倉宮では、大きな「獅子頭守」が拝殿に祀られ、お守りとして「板獅子守」を授かることができる。

 このほかにも本覚寺では1日1回握ると福が訪れるという大きさ2cm程の「にぎり福」というお守りを、また長谷寺ではてんとう虫や苺をモチーフにしたお守りなど、色も形も様々なお守りを授かることができる。

 古より神仏との縁(えにし)深き古都鎌倉。今も昔も、ここに暮らし、訪れる人々の願いにそっと寄り添ってくれるまちである。

       石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク