鎌倉版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第124回〉 古都からの見晴らし

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
鎌倉文学館に咲くバラ
鎌倉文学館に咲くバラ

 豊かな自然環境に恵まれた鎌倉では、人々を魅了する美しい風景を目にすることができる。

 まず、鎌倉文学館からの眺望。鎌倉文学館は、旧加賀藩16代当主前田利(とし)為(なり)により建築された別荘建築の代表的な建物だが、2階テラスからは、緑の絨毯(じゅうたん)を敷いたような明るい庭園の向こうに、青く煌(きら)めく相模湾を望むことができる。

 次に、成就院からの眺望。成就院は、1219年3代執権の北条泰時が北条一族の繁栄を願って創建し、今や縁結びでも有名な寺院である。長谷方面に下る坂道からは、街並とそれを囲む緑の山々、そして材木座から由比ヶ浜へと大きく弧を描く白い渚と、海の青さが見事に調和する絶景を望むことができる。

 そして、稲村ヶ崎からの眺望。ここからは、「日本の渚百選」にも選ばれた七里ヶ浜の白波と江の島とが重なり、その後方には箱根山塊や遠く富士の峰をも抱く、湘南の海を代表する絶景を望むことができる。特に、冬晴の夕刻、江の島灯台に明かりが灯る黄昏(たそがれ)時の風景は、息を呑むほどの美しさである。

 このほかにも、天園ハイキングコースの途中、十王岩付近からの眺望や、4代執権の北条経時(つねとき)が開いた浄土宗の大本山、光明寺(材木座)の裏山からの眺望も、稲村ヶ崎からの眺望と同様に「かながわの景勝50選」に選ばれた絶景である。

 風光明媚な古都鎌倉は、訪れる人々の心に想い出の一頁を残してくれるまちである。石塚裕之

鎌倉版のコラム最新6

今から始める相続の準備

仏行寺と二つの塚

鎌倉のとっておき 〈第130回〉

仏行寺と二つの塚

5月13日号

鎌倉と御家人〜長尾氏〜

鎌倉のとっておき 〈第129回〉

鎌倉と御家人〜長尾氏〜

4月22日号

かまくら花めぐり

かまくら花めぐり

(東慶寺)

4月8日号

鎌倉と幻の潟湖(せきこ)

鎌倉のとっておき 〈第127回〉

鎌倉と幻の潟湖(せきこ)

3月25日号

鎌倉と御家人〜佐竹氏〜

鎌倉のとっておき 〈第126回〉

鎌倉と御家人〜佐竹氏〜

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook