茅ヶ崎版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • はてぶ

園児が牛さんと交流 青和保育園でふれあい体験

教育

大きな牛にワクワク・ドキドキの乳搾り
大きな牛にワクワク・ドキドキの乳搾り
 市内の畜産農家17軒が所属する「茅ヶ崎市畜産会」(柿澤博会長)が5月23日、松尾の青和保育園で「ふれあい体験」を開催した。乳牛などの家畜を教育現場に連れて行き、触れ合いを通じて、子どもたちに茅ヶ崎市の畜産に興味を持ってもらおうと開催されているもの。これまで市内の小学校や保育園などで開催され、同園での開催は初。

 当日は0歳から6歳まで約100人の園児が参加。羊とのふれあいのほか、獣医師の協力を得て、聴診器で子牛の心音を聞く体験も行われた。

 大川牧場の乳牛「サム・ADV・カンクン・チェリー」号の乳搾りを体験した年長のきりん組園児らは「牛さんあったかかった」「牛乳のにおいがしてお腹がすいた」などと興奮した様子で感想を述べた。同園職員の酒井友美さん(46)は「地域的に普段海の遊びが多く、生の牛を見るのは初めての子もたくさん。貴重な体験」と話した。柿澤会長(53)は「市内にも牛たちがいることを今後も広めていければ」と笑顔をみせた。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パステル画歴40年の集大成

パステル画歴40年の集大成

坂井京子さんの個展開催中

9月15日~11月12日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク