寒川版 掲載号:2012年7月20日号
  • LINE
  • hatena

鈴の音ひびく御旅所(おたびしょ)祭

奉奏された神楽「鈴扇の舞」
奉奏された神楽「鈴扇の舞」

 寒川神社、菅谷神社、倉見神社の神輿が集まり、7月16日に御旅所祭が行われた。御旅所とは神輿が神社へと帰る途中で寄る場所のこと。

 茅ヶ崎海岸で浜降祭が行われたこの日、御旅所となった寒川町商工会駐車場には多くの人がつめかけた。3神社の神輿が並び、寒川神社の利根康教宮司による祝詞奏上などが行われたあと、東日本大震災の被災地復興を祈願し、神前神楽『鈴扇の舞』も披露された。利根宮司は「被災地のご支援をしようと昨年同様に舞いを奉奏しました。少しでも元気が届けば」と挨拶。その後「とどけ鈴の音 ガンバレ!東北」と書かれた横断幕を先頭に神輿が出発。担ぎ手らが威勢のいい甚句や掛け声を響かせながら、神社までを練り歩いた。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク