寒川版 掲載号:2013年9月6日号
  • LINE
  • hatena

寒川町とジェイコム湘南 災害情報の放送等で協定

ジェイコム湘南の高平社長(左)と木村町長
ジェイコム湘南の高平社長(左)と木村町長

 寒川町では(株)ジェイコム湘南と災害時の災害情報の放送等に関する協定を締結した。この協定締結により、(株)ジェイコム湘南のコミュニケーションチャンネルにおける放送やデータ放送などで、町民に迅速かつ正確な情報提供が可能となる。

 締結を結んだのは8月29日午後3時30分。ジェイコムからは高平太代表取締役社長、岩本好正湘南局局長、浦和久湘南局お客さまサービス推進部長が寒川町役場2階の町長応接室を訪問。寒川町からは木村俊雄町長、木内礼次郎副町長、石井宏明企画政策部長が応対した。

 ジェイコムコミュニティチャンネルはジェイコム湘南湘南局エリアの寒川町、茅ヶ崎市で視聴可能。チャンネルは地上デジタル11ch。視聴可能世帯数は寒川町内約12000世帯(2013年7月末現在)で茅ヶ崎市を含めると約76000世帯。視聴可能環境は、ジェイコムの回線が導入されている住宅(マンション・アパート含む)であれば、ジェイコムの有料サービスの加入有無に関係なく無料で視聴できる。

 寒川町では、2月に海老名エフエム放送と同様の協定を締結。茅ヶ崎・寒川新聞販売組合とも災害時の情報提供に関する協定を締結するなど、危機管理対策を強化している。また、平塚信用金庫、湘南信用金庫とは見守りに関する協定を結んでおり、官民一体となった態勢作りを急いでいる。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク