神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2014年6月20日 エリアトップへ

寒川駅〜海老名駅 新バス路線開設へ 今秋実証 北ルート廃止も

公開:2014年6月20日

  • X
  • LINE
  • hatena

 寒川町と海老名市は、寒川駅と海老名駅を結ぶ新バス路線の開設を目指し今秋、実証運行を行う。ルートは、寒川駅北口から寒川神社、倉見才戸地区、海老名市の本郷地域を通り、海老名駅まで。10月の開始を予定しており、半年間の利用が好調であれば、このまま新路線として運行を続ける見通しだ。

 寒川町は、広域的な公共交通網の整備及び町民の生活利便性の向上を図ることが目的。海老名市は、公費負担率が高いコミュニティバスの運行が課題となっており、その運行の代替案として、広域的な事業推進のメリットを生かし、両駅を結ぶ路線バスの運行をバス事業者に要望してきたという。海老名市ではコミュニティバスの本郷ルートの廃止が見込まれており、寒川町でも実証運行が始まれば、同じエリアを走行する北ルートを休止することになりそうだ。

 運行実施主体はバス運行事業者となり、神奈中バスと相鉄バスの共同運行で進める方針だという。お正月には、海老名駅と寒川神社を結ぶ臨時便を相鉄バスが運行している。行政側も利用促進施策を図り、バス停設置等の実証運行経費を補助する予定。実施期間は6ヵ月を予定しており、便数は平日20便程度(寒川駅発10便、海老名駅発10便)、土休日12便程度(寒川発6便、海老名発6便)を想定している。詳細については現在関係機関と協議中で、今後発表されることになっている。

 海老名駅西口では約250店舗が入る大型複合ショッピングセンター「ららぽーと海老名」の建設工事が始まっており、2015年秋の竣工・開業を予定しているという。
 

寒川版のトップニュース最新6

県予選優勝し全国へ

全日本小学生ソフトテニス大会

県予選優勝し全国へ

寒川小6年・三枝由空さん

6月7日

7.9億円を追加計上

寒川町補正予算

7.9億円を追加計上

定額減税関連予算など

6月7日

寒川球児、県優勝に貢献

寒川球児、県優勝に貢献

武相高校の大久保・三上2選手

5月24日

帯状疱疹予防接種に助成

寒川町

帯状疱疹予防接種に助成

6月1日から、50歳以上対象

5月24日

今年度中に工事着工へ

茅ヶ崎市消防署宮山出張所

今年度中に工事着工へ

2026年4月の供用目指す

5月10日

「地域のヒーロー」身近に

小谷消防分団

「地域のヒーロー」身近に

こどもカフェ初の防災訓練

5月10日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook