寒川版 掲載号:2014年10月10日号 エリアトップへ

バス実証運行がスタート 寒川駅〜海老名駅

掲載号:2014年10月10日号

  • LINE
  • hatena
コミュニティバス車両を活用した新路線バス
コミュニティバス車両を活用した新路線バス

 寒川町と海老名市は、寒川駅と海老名駅を結ぶ新バス路線の開設を目指し、10月1日から実証運行を開始した。半年間の利用が好調であれば、このまま新路線として運行を続ける方針だが、1時間に1往復程度と本数は少なく、本格的に利用者が増えるのは将来的にインフラが整備された後と考えられるため、判断が注目される。

 この路線の運行実施主体はバス運行事業者で、神奈中バスと相鉄バスが共同運行する。寒川・海老名両者は「各自治体の課題解決のため行政間の連携を図り、両駅を結ぶ路線バスの運行をバス事業者に要望してきた」という。これにともない、寒川町ではコミュニティバスの北ルートを休止、海老名市は本郷ルートを休止しており、利用者の多数を問わず実証運行後の2015年4月以降も新路線として運行されることが見込まれる。

1日10往復

 ルートは寒川駅北口から寒川神社、倉見才戸地区、海老名市の本郷地域を通り、海老名駅に至る11・11Km。休止された北ルートは町内北部を一周するルートだったが、そのまま海老名方面に伸びる形となった。実施期間は6ヵ月を予定しており、便数は平日1日10往復(寒川から10便、海老名から10便)、土休日1日6往復(寒川から6便、海老名から6便)。平日の寒川駅始発は午前6時40分、最終は午後7時38分。土休日は午前9時23分始発で、最終が午後5時38分となっている。行政側も利用促進施策を図り、バス停設置等の実証運行経費を補助している。車両はそれぞれのコミュニティバス車両を活用する。また、平成27年1月1日(木)から4日(日)は一部区間を迂回して運行するという。この期間には海老名駅と寒川神社を結ぶ臨時便を相鉄バスが運行している。

初乗り180円

 運賃は距離別運賃制で、180円から400円。交通系ICカード利用可能。IC運賃での初乗りは175円。寒川駅〜湘南ユニテック間の現金運賃は200円となっている。

 運行が始まった10月1日は、海老名中央公園で両市町の関係者が集まり開始式を開催。木村敏雄寒川町長と杉崎隆之議長は、その日の寒川駅発第一便に乗って式に参加した。

寒川版のトップニュース最新6

1万平方メートルの天然芝に整備

1万平方メートルの天然芝に整備 スポーツ

川とのふれあい公園内

4月16日号

気候非常事態宣言

寒川と茅ヶ崎

気候非常事態宣言 社会

風水害にも関連

4月16日号

町営プール命名権導入

町営プール命名権導入 スポーツ

名称はHAYASHIウォーターパークさむかわ

4月2日号

洪水時は自動で止水

洪水時は自動で止水 社会

寒川浄水場に新設

4月2日号

七夕まつり通常開催中止

七夕まつり通常開催中止 文化

規模縮小し代替案検討へ

4月2日号

岡田交番統合へ

岡田交番統合へ 社会

1年後予定 移動式交番配備

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter