寒川版 掲載号:2017年4月7日号 エリアトップへ

路線バス・寒川〜海老名 4/1から本格運行始まる

経済

掲載号:2017年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 2014年10月から実証運行が行われていた寒川〜海老名間の路線バスが、4月1日から本格運行へと切り替わった。利用者が増加し、一定数の利用が見込めるようになり、地域住民の声に応える形となった。

 3年前の実証運行開始に当たり、寒川町ではコミュニティバスの「北ルート」、海老名市では「本郷ルート」を休止した。これに伴い寒川町と海老名市が方策を検討。神奈川中央交通(株)、相鉄バス(株)の2社と連携し、公費負担を減らしつつ公共交通網整備と利便性向上を図るため、路線バス運行に至った。

 運行当初は月の平均利用者数が約140人だったのに対し、現在は約190人に増加していることなどを踏まえ、4月1日から本格運行へと踏み切った。

前払いから後払いへ

 運行本数は平日1日往復10便(寒川駅から10便、海老名駅から10便)、土休日1日往復6便(寒川駅から6便、海老名駅から6便)で、ダイヤの大きな変更はない。現金運賃は180円〜400円。距離別運賃制で交通系ICカード利用可能。運行ルートは別表の通りとなっている。

 変わったのは利用方法で、これまでは乗車時に行先を告げて運賃を前払いする方式だったが、4月からは他の路線バスと同じく降車時に運賃を支払う後払い制に。乗車時には整理券を取るか交通系ICカードのタッチが必要になる。神奈中は中扉から乗車し前扉から降車、相鉄は1つの扉で乗り降りを行う。

 また、他の路線バスと同じように、バスの運行状況をインターネットで確認できる「バスロケーションシステム」が利用可能に。系統番号は神奈中「海73」、相鉄「綾73」。

 運行に関する問合せは都市建設部都市計画課【電話】0467・74・1111へ。

寒川版のローカルニュース最新6

子どもの夢に最大5万円

子どもの夢に最大5万円 文化

NPOが「こどもファンド」開始

5月13日号

「誰もが体験できる」農園

小谷の柳下さんが運営

「誰もが体験できる」農園 社会

投げ銭型、短時間、一組交代制

5月13日号

南部公民館で防災気象講座

南部公民館で防災気象講座 社会

6月11日 受講者募集

5月13日号

「やさしさと力強さ、知れた」

商工会女性部が40周年

「やさしさと力強さ、知れた」 経済

5月13日号

シャクヤク全国へ

シャクヤク全国へ 社会

大谷芍薬園「朝5時から収穫」

5月13日号

暴力団排除を訴え

暴排協と警察署

暴力団排除を訴え 社会

懸垂幕を設置

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook