寒川版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

国際認識や「理系脳」を鍛え、伝統文化も学ぶ 認定こども園 湘南こども園(開園予定)園児受付 平成30年4月開園予定

 2018年4月、寒川に開園予定の待望のこども園「湘南こども園」。創立50年のふじ幼児園を母体とした認可園で、開園に向け少しずつ雄大な園舎の骨格が見えてきた。ふじ幼児園のモットー「園児はわが子」などの伝統を引き継ぐ新園は「入って良かったと言われる園」を目標に、分析に基づく保育を目指すとあって、入園の問合せが相次いでいるという。そしてついに、園児募集への本格的な動きが始まる(左図)。

 新園の大きな特徴が「サイクル保育」だ。これは現代人が抱える問題から「幼児期でなければ直らない事例」を分析し、1年間重点保育テーマとして取り組むもの。これまで「親への感謝や尊敬」、「虫歯ゼロ」、「自己を見つめる」などがテーマとなった。

 他にも、系列保育園で実績を上げた取組みを導入。園独自の保育理論を確立し公表する「保育研究会」や、保育士・栄養士・看護師が各々チームを作り保育を分析する「専門チーム会」の運営等を行う。これらの理論・分析を、万全なスタッフ配置で毎日の保育に反映していく。

 新園では地域との交流にも力を入れ、自治会行事への参加や、子育て相談対応を行う。また子どもの将来を見据え、「国際化認識」「科学的思考」「日本の伝統文化」の3項目にも注力。先進的な取り組みの一方で、48年前の開園当時の家庭的な雰囲気はそのままだ。

 設立準備委員会の林正幸代表は「より質の高い保育を日々追求できる保育システムです」と話した。

学校法人正栄学園 湘南こども園 設立準備委員会(㈱テクノシステムズ内)

高座郡寒川町大曲1丁目 

TEL:046-278-3653
TEL:0120-964-884

http://www.shounankodomoen.jp

寒川版のピックアップ(PR)最新6件

泌尿器科・腎センター開設

「独立化でより受診しやすく」 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【3】

泌尿器科・腎センター開設

2月9日号

マイナンバー記載が必要

確定申告

マイナンバー記載が必要

2月9日号

最新の健康法と労働契約法について

経営者向けセミナー

最新の健康法と労働契約法について

1月26日号

「1週間続く咳は受診の知らせ」

―たかが咳 されど咳― 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【2】

「1週間続く咳は受診の知らせ」

1月12日号

全国で「健康ダイエット教室」を開催

スポーツ・健康フェスタ

申込受付中

スポーツ・健康フェスタ

1月12日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク