寒川版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

子ども食堂「盛況です」 参加者も食材提供も「増」

社会

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
食事の準備に励むスタッフ。5月の献立はアジフライだった
食事の準備に励むスタッフ。5月の献立はアジフライだった

 昨年1月に開所した中瀬の「子ども食堂えんがわ」が賑わいをみせている。月1回の開催で、毎回15人前後が集まるようになったという。栄養士の資格保持者などスタッフ9人で運営している。

 運営団体『縁が和』の吉田陽子代表によると「多くの皆様のご支援とご理解により、ここまで無事に運営できていることに感謝します」と話し、子どもだけではなく親子での参加者もあり、多い時は、20人以上で賑わうこともあるという。「お米と野菜はご提供いただけているものだけで足りています」というが、それ以外の食材は集めた参加費を元手に調達している。それでも4月から子どものみ参加費を100円に減額するなど、参加しやすさを優先した運営を実現している。「賛助会員さんはいつでも募集中です」と支援の拡大を呼び掛けている。

 『えんがわ』は毎月第3土曜日午前11時30分から午後3時までの開催で、参加費は(1食)子ども100円、大人300円。食事の後は工作の時間も。次回は6月16日(土)開催となっている。問合せは吉田さん【電話】0467・75・5447へ。

中瀬の住宅街で

 同所は吉田さんの実家が空き家となったことで利用しているもので、毎月第4木曜日には『ヨシさんちの「縁が和」』という、地域の人々への居場所提供を行っており、こちらは午前10時から午後3時まで参加費100円で開催している。高齢者、親子、子ども、誰でも参加自由で、お茶の提供のみ行っている。

 吉田さんは「子どもたちはリピーターになってくれる。初回に来てくれた4年生の子は今、6年生になった。成長を感じられる。少食だった子はたくさん食べられるようになった。親子で参加した母親は食事を作ることから解放されて、こどもとしっかりコミュニケーションが取れていた」など様々なシーンを目撃し、一定の満足感を得ている様子だった。

寒川版のトップニュース最新6

手彫り朱印で魅力発信

手彫り朱印で魅力発信 文化

「寒川の思い出持ち帰って」

5月27日号

4万1千個の苗で天然芝へ

4万1千個の苗で天然芝へ スポーツ

川とふれあい公園内

5月27日号

X Gamesで銅メダル

寒川在住白井空良さん

X Gamesで銅メダル スポーツ

スケボーで新技成功

5月13日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

どまんなか祭り 復活

どまんなか祭り 復活 文化

7年ぶり、5月15日に開催

4月29日号

寒川駅東側に専用ポート

シェアサイクル

寒川駅東側に専用ポート 社会

21日から運用始まる

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月29日まで茅ヶ崎8ホテルで

5月21日~5月29日

寒川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook