寒川版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

ロマンスカーの博物館 海老名に21年春開業予定

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
特急ロマンスカー車両の展示(イメージ)
特急ロマンスカー車両の展示(イメージ)

 小田急電鉄(株)が、海老名駅隣接地(めぐみ町)に同社初の試みとなる「ロマンスカーミュージアム」を2021年春に開業すると発表した。歴代車両の展示を行って後世にその歴史を伝えていくとともに、屋外ビュースポットやカフェなどを設けて多世代が楽しめる施設を目指す。

 小田急電鉄(株)では、以前から車両を一般公開していくことを念頭に置き、車庫に車両を保存し続けてきた。この構想を実現させようと2021年春に誕生するのが「ロマンスカーミュージアム」だ。

 この施設は敷地面積約4000平方メートル、地上2階建。「”子ども”も”大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトに、1階には歴史を彩ってきた車両の展示、2階は小田急沿線の風景を模したジオラマや電車運転シミュレーター、鉄道ファンでなくても楽しめるカフェやグッズショップ、子どもが遊べるキッズゾーンを設けるほか、屋上には小田急線を走行する列車を眺められる屋外ビュースポットが設置される予定となっている。

 中でも目玉は、現在では使用されていない歴代の特急ロマンスカーと、開業当初から通勤車両として使われてきた「モハ1」の展示だ。特急ロマンスカーはSE(3000形)・NSE(3100形)・LSE(7000形)・HiSE(10000形)・RSE(20000形)の5種類が展示され、小田急線の歴史を後世に残す展示内容となる。

 開業予定地は、開発が進むビナガーデンズや海老名電車基地に隣接するエリア。新たなまちのシンボルとして、更なる賑わい創出が期待される。

 同社のCSR・広報部は「電車好きな方はもちろん、幅広い年齢層の方に来ていただいてファンを増やせたら」と話している。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

寒川版のローカルニュース最新6

ブルースハープライブ5月1日〜整理券配布

寒川の美味大図鑑

三つの輪 その意味は

町の保健対策チームが着ける

三つの輪 その意味は 社会

4月30日号

海を感じる婚姻届

茅ヶ崎市で配布開始

海を感じる婚姻届 社会

4月30日号

海水浴場開設へ準備

海水浴場開設へ準備 社会

海開きは7月中旬目途に

4月30日号

5月15日(土)民謡講座

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter