寒川版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

ロマンスカーの博物館 海老名に21年春開業予定

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
特急ロマンスカー車両の展示(イメージ)
特急ロマンスカー車両の展示(イメージ)

 小田急電鉄(株)が、海老名駅隣接地(めぐみ町)に同社初の試みとなる「ロマンスカーミュージアム」を2021年春に開業すると発表した。歴代車両の展示を行って後世にその歴史を伝えていくとともに、屋外ビュースポットやカフェなどを設けて多世代が楽しめる施設を目指す。

 小田急電鉄(株)では、以前から車両を一般公開していくことを念頭に置き、車庫に車両を保存し続けてきた。この構想を実現させようと2021年春に誕生するのが「ロマンスカーミュージアム」だ。

 この施設は敷地面積約4000平方メートル、地上2階建。「”子ども”も”大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトに、1階には歴史を彩ってきた車両の展示、2階は小田急沿線の風景を模したジオラマや電車運転シミュレーター、鉄道ファンでなくても楽しめるカフェやグッズショップ、子どもが遊べるキッズゾーンを設けるほか、屋上には小田急線を走行する列車を眺められる屋外ビュースポットが設置される予定となっている。

 中でも目玉は、現在では使用されていない歴代の特急ロマンスカーと、開業当初から通勤車両として使われてきた「モハ1」の展示だ。特急ロマンスカーはSE(3000形)・NSE(3100形)・LSE(7000形)・HiSE(10000形)・RSE(20000形)の5種類が展示され、小田急線の歴史を後世に残す展示内容となる。

 開業予定地は、開発が進むビナガーデンズや海老名電車基地に隣接するエリア。新たなまちのシンボルとして、更なる賑わい創出が期待される。

 同社のCSR・広報部は「電車好きな方はもちろん、幅広い年齢層の方に来ていただいてファンを増やせたら」と話している。
 

寒川版のローカルニュース最新6

子どもの夢に最大5万円

子どもの夢に最大5万円 文化

NPOが「こどもファンド」開始

5月13日号

「誰もが体験できる」農園

小谷の柳下さんが運営

「誰もが体験できる」農園 社会

投げ銭型、短時間、一組交代制

5月13日号

南部公民館で防災気象講座

南部公民館で防災気象講座 社会

6月11日 受講者募集

5月13日号

「やさしさと力強さ、知れた」

商工会女性部が40周年

「やさしさと力強さ、知れた」 経済

5月13日号

シャクヤク全国へ

シャクヤク全国へ 社会

大谷芍薬園「朝5時から収穫」

5月13日号

暴力団排除を訴え

暴排協と警察署

暴力団排除を訴え 社会

懸垂幕を設置

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook