寒川版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

(PR)

もっと知りたい!『湘南こども園』【1】 50年の伝統「園児はわが子」 「入って良かったと言われる園にする」

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
デザインにこだわった園舎
デザインにこだわった園舎

 今年4月に開園した寒川町初の認定こども園「湘南こども園」を紹介する新連載。第1回は、母体となった「ふじ幼児園」の歴史を紐解き、伝統ある園の特色に迫る。

 学校法人正栄学園(林正幸理事長)の湘南保育グループの1つである「湘南こども園」は、誕生したての園でありながら、50年間培われた幼児教育の伝統が脈々と受け継がれている点に最大の特徴がある。母体となっているのは、1969(昭和44)年4月に開園し、地域に愛された認可外幼稚園「ふじ幼児園」。35年前、園児13人で廃園予定の園を引き受けたのが林理事長だった。

 林理事長は大手電機メーカー出身のエンジニア。日々変化する社会のど真ん中で永年働いた経験から、「1人の人間として社会を生き抜くこと」を見据えた幼児教育をしたいと考えた。そこで基本方針としたのが「正しいしつけ(挨拶・返事・感謝)」「自立」「体力つくり」。湘南こども園を訪れると子ども達の元気な挨拶が響き渡っており、当時の方針が現在も徹底されていることが窺える。「教育関係者でも、園児の態度に驚くほど感心していますよ」と林理事長は微笑む。

 同園の根幹の考え方となるモットーは、ふじ幼児園と同じく「園児はわが子」。次回連載で詳報予定の「重点保育項目」など先進的な取組みをしながらも、家庭的な雰囲気であることが保護者から高い支持を得ている理由。「入って良かった」と言われることを目標にして、先生全員が園児一人ひとりの顔と名前を覚えているという。

学校法人正栄学園 湘南こども園

神奈川県高座郡寒川町大曲1-1-6

TEL:0467-84-9229

http://www.shounankodomoen.jp/

寒川版のピックアップ(PR)最新6

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

放置せず専門医へ相談を

9月6日号

「働き方改革」のポイント

セミナー

「働き方改革」のポイント

経営者、人事担当者は必聴

9月6日号

抗がん剤の副作用

健康講座

抗がん剤の副作用

9月17日(火) 平塚共済病院

9月6日号

建替え、新築、賃貸住宅の不安を解消

JAと積水ハウス共催

建替え、新築、賃貸住宅の不安を解消

 新築物件見ながら相談を 8月25・26日 完成現場見学会

8月23日号

「忍び寄る」前立腺がん

80歳以上は2人に1人に潜在性 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【12】

「忍び寄る」前立腺がん

泌尿器科 立川隆光院長

8月23日号

認知症、空家、相続への備え

不動産公開セミナー・相談会 参加無料

認知症、空家、相続への備え

12日、司法書士、弁護士が分かりやすく

8月23日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も

腰痛専門の治療院

肩、腕の痛み、手足のしびれなどを改善

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月6日号

お問い合わせ

外部リンク