寒川版 掲載号:2018年8月3日号 エリアトップへ

走って、走って地区優勝 旭が丘中男子バスケ部

スポーツ

掲載号:2018年8月3日号

  • LINE
  • hatena
強豪アレセイアの牙城を崩した
強豪アレセイアの牙城を崩した

 第52回神奈川県中学校バスケットボール大会湘南ブロック大会で、旭が丘中学校男子が優勝した。走り込みによる体力強化作戦で、勝ち続けていた強豪アレセイアの牙城を崩し、県大会に駒を進めた。

 湘南地区はここ数年、アレセイアの独壇場だったという。その強豪校に立ち向かうために用意された秘策が、徹底的な走り込みだった。

 同校は6つの部活が体育館を共用しており、週に3日はロードワークを強いられる。学校の周辺1Kmコースを最低5周。17人の3年生は1年時から取り組んでおり、その走破距離はおよそ2000Km。確かな自信を胸に最終学年を迎えた。

 目の前に立ちはだかるアレセイアの壁。今年のチームになって、昨冬の新人戦では県ベスト16に進出。着実に力をつけ、春の湘南地区大会ではアレセイアに勝利を収めた。しかしこの時、相手チームのエースは不在だったという。

 迎えた今大会、エースが復帰したアレセイアと、の対戦を楽しみにしていたところに信じられないことが。なんと、アレセイアが2回戦で姿を消してしまったのだ。顧問の寺本拓生教諭は「選手たちは茫然自失でした。それでも、励まし合いながらつらい走り込みをやり遂げた選手たちです。目標は関東大会へ行くことを確認し合い、再び結束しました」と話す。

 決勝戦の相手はアレセイアを破った「湘洋」だった。序盤で奇襲を仕掛けて優位に立つと、終了までリードを守り続けた。体力自慢の同校にとって、猛暑に拍車がかかったのも優位に働いた。

 寺本教諭は「優勝時は、選手は嬉しそうな表情でしたが、すぐに県大会に照準を合わせ直した。体力には自信があります。この先も楽しみです」と目を細める。

 走って、走ってつかんだ関東への道。バテない強みを生かして、最後まで全力で戦えるチームだ。

寒川版のトップニュース最新6

へし折られても続ける

へし折られても続ける 文化

おおぞう彼岸花の会

9月24日号

都内からの移住増

2020年寒川町

都内からの移住増 社会

コロナ影響か、転入・転出総数は減

9月24日号

副反応、寒川の企業も備え

寒川東、念願の関東出場

寒川東、念願の関東出場 スポーツ

廊下の卓球台で切磋琢磨

9月10日号

木島医院で分娩終了

寒川唯一の出産施設

木島医院で分娩終了 社会

4千人の誕生に立ち会った院長

8月27日号

ワイン用8千平方メートル栽培目指す

ワイン用8千平方メートル栽培目指す 経済

小動・岡田の耕作放棄地

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook